ここから本文です

デ・リフトはユース時代MFでプレーしていた…その理由は?

4/6(月) 19:20配信

超WORLDサッカー!

ユベントスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトのアヤックス・ユース時代の秘話が明かされている。オランダ『Voetbal International』が伝えている。

【動画】世界最高峰DFデ・リフトの現在地

19歳ながらアヤックスの主将を務めていたデ・リフトは、昨シーズン国内2冠に加えてチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出に攻守両面で大きく貢献。その活躍で評価を大きく上げ、2019年夏に推定移籍金6750万ポンド(約90億円1000万円)でアヤックスからユベントスに加入した。

すでに世界最高峰のセンターバックとも評価を受けるデ・リフトだが、ユース時代にはMFとしてプレーすることが多かったと、当時アヤックス・ユースに携わっていたヴィム・ヨンク氏とルーベン・ヨンキント氏が明かしている。

「彼はいわゆる早熟で、青年期に入ったときにはセントラル・ディフェンダーとしての可能性が最も高いことが分かった」

「しかし、彼のテクニック、処理速度、洞察力を向上させるために、私たちはマタイス(・デ・リフト)をあえてMFとしてプレーさせた」

「彼の守備は海岸の岩のように堅かったので、勝利を目指すユースチームとその監督には面白くないことだった。だが、それがマタイスのためだったんだ。だからこそ今の彼はボールに対するクオリティ、試合への洞察力、そして彼のリーダーシップの資質は他のディフェンダーと区別されている」

これまでにも数多くのスター選手を輩出し、育成の名門で知られるアヤックスだが、デ・リフトもその賜物と言えるかもしれない。

超WORLDサッカー!

最終更新:4/6(月) 19:20
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事