ここから本文です

オーストラリア“ARG eSport Cup”に元BTCC王者アシュリー・サットンが参戦。初戦を制す

4/6(月) 17:29配信

オートスポーツweb

 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権の2020年シーズンに向け、Laser Tools Racingに“ジョイント”し、新たにインフィニティQ50 BTCC(日本名:スカイライン)をドライブする2017年王者アシュリー・サットンが、オーストラリア発のヴァーチャル・イベント『ARG eSport Cup』に電撃参戦。全52台での勝負を制し、華麗なデビューウインを飾った。

【写真】マウントパノラマを舞台に行われたヴァーチャルレースの第1戦

 このオンライン・シリーズは豪州のモータースポーツ活動を統括するARG(Australian Racing Group)が作成した『iRacing』をベースとしたプラットフォームとなり、新型コロナウイルス(COVID-19)蔓延により2年目のシーズン開幕が延期されているTCRオーストラリアを筆頭に、ARG管轄のS5000やSuper2、V8ツーリングなどに参戦するプロドライバーを対象にエントリーを募った。

 TCRツーリングカー部門ではアウディRS3 LMSがフィーチャーされ、全10戦の開催を予定するARG eSport Cupは、開幕戦の舞台に同国を代表するトラックであるバサースト、マウントパノラマ・サーキットを設定。

 初代TCRオーストラリア王者のウィル・ブラウンや、VASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーの2007年チャンピオンのガース・タンダー(バサースト1000では3勝を記録する)らに対し、ツーリングカーの母国から元BTCC王者の参戦が実現した。

「現時点では、モータースポーツが中断されているため、すべてのドライバーとチームが同じ状況にあると思う」と、イベントを前にコメントしていたサットン。

「他の多くの業界と同様に、チームが苦しんでいるのを見るのは忍びないし悲しいことだが、個人的に旅行をする必要がないということは、今は家族の近くにいることができるということでもある」

「レースのイベントもテストもなく、モータースポーツの世界ではドライビングの勘を維持するためにシミュレーションの時間を割くのは理に叶っていると思う。ARG eSport CupにPanta FuelとMOL Groupの支援を得て参加できるのを光栄に思うよ」

「ここ数年間、BTCCと並行してTCR UKやヨーロッパ・シリーズに参戦してきたので、グリッドに並ぶほとんどのメンバーを知っている。なかにはTCRのタイトルホルダーやオープンホイールで国際的な実績を持つドライバーもいて、彼らはシミュレーターでも現実どおりの速さだろうね」

「オーストラリアと同様に、Panta FuelはWTCRやヨーロッパの他のほとんどのTCRシリーズのサプライヤーを務めている。もし僕がある程度のリザルトを持ち帰ることができれば、チームにとっては全員の勝利だと言っていいだろうね」

 そう語っていた元スバル・レヴォーグGT使いは、予選でポールポジションを獲得したTCRオーストラリア参戦中のディラン・オキーフ(Renault Sport GRM)に続き、レース1序盤を2番手で走行。30分レースの中盤に差し掛かったところでテール・トゥ・ノーズ状態に持ち込むと、名物コーナー“フリフィンズ・ベンド”のインに飛び込んだサットンの116号車Panta Racing FuelアウディRS3 LMSが首位浮上に成功。そのまま2台は後続を引き離しにかかる。

 3番手以下に10秒のマージンを築いた2台は秒差圏内でバトルを続けたものの、オキーフに逆転の機会は訪れず。0.5秒差のままチェッカーを受け、ゲスト参戦のサットンがオーストラリア初のヴァーチャルレースを勝利で飾っている。

 続いてトップ26台がリバースグリッドで挑んだレース2は、Track Tec RacingからエントリーしたTCRドライバーのローワン・シェパードが最前列の優位性を維持して勝利。タンダーらと接触バトルを演じたブレット・ホールズワース(TPS Group)、Team Valvoline GRMのアーロン・キャメロンの表彰台となり、前戦勝者のサットンはトップ10まで返り咲く力走を見せている。

 ARG eSport Cupの第2戦は、2020年からF1グランプリのカレンダーにも復帰することとなったオランダのザントフールト・サーキットが舞台となり、新バンクを含むトラックでの勝負が繰り広げられる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/6(月) 17:30
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事