ここから本文です

「終息まで休校して」 富山の高校生、ネットで署名募る

4/7(火) 1:13配信

北日本新聞

■3日間で賛同1500件超

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、富山市内の県立高校に通う男子生徒(17)が県内の小中学校や高校を臨時休校するよう求める署名活動をインターネット上で行っている。4日に開始し、6日までの3日間に1500件を超える賛同があった。男子生徒は「校舎に児童生徒が集まることで感染が広がらないか心配だ。コロナ禍が終息するまで休校してほしい」と話す。

 3月末以降、感染者が県内でも相次いで確認される中、男子生徒は新学期が予定通りスタートすることに不安を覚えたという。休校延長を求め活動している高校生が兵庫県にいると知り、自身も友人と協力し署名を募ることにした。

 署名運動専用サイト「チェンジ・ドット・オーグ」で募集したところ、同年代の生徒や保護者とみられる人から賛同があり「子どもに不安な思いをさせるぐらいなら学校を休ませたい」などのコメントも寄せられた。男子生徒は「学校で集団感染が発生してからでは手遅れになる。休校にしてほしい」と訴える。

最終更新:4/7(火) 8:43
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事