ここから本文です

ホーム画面に何を置こう? iOS 14ではウィジェットを自由に置けるかも

4/7(火) 10:00配信

ギズモード・ジャパン

それ、なんてAndroid?

すでにあれこれ情報が流出している、Apple(アップル)の次期モバイル向けOS「iOS 14」。こんどは自由なウィジェット配置や新しい壁紙の設定の情報が伝えられています。

9to5Macによると、iOS 14(iPadOS 14)ではホームスクリーンにウィジェットを置き、アプリアイコンのように自由に動かせるようになるといいます。Androidスマートフォンユーザーには、おなじみのシステムですね。

これまでのiOSのホームスクリーンは、アプリアイコンが並ぶだけのデザインでした。しかし、自由なウィジェット配置が可能になれば、音楽プレーヤーやカレンダー、検索バーなどが好きな場所に置けるようになるかもしれません。

さらにTwitterアカウントの@DongleBookProは、iOS 14の新しい壁紙設定について伝えています。まず、デフォルトの壁紙は「クラシック・ストライプ」「アース&ムーン」「フラワー」など複数のカテゴリーに分けられ、お好みのものが見つけやすくなるようです

さらに「ホームスクリーン・アピアランス」の設定では、スマートダイナミック壁紙をホームスクリーンだけに適応したり、フラットやぼけ、 カラーなどの設定も可能になるとのこと。

それ以外にもiOS 14ではkeychainのアップデートやアプリドロワー、アプリ切替画面の進化、AR機能の強化などが伝えられています。新型コロナ騒動でiOSのリリーススケジュールもどうなるのかわかりませんが、今年もAppleファンをワクワクさせてほしいものです。

Source: 9to5Mac

塚本直樹

最終更新:4/7(火) 10:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事