ここから本文です

「恋愛」禁じられた家庭 親になったカルト2世が向き合う性の話題 「ふしだらなこと」教え込まれた苦しみ

4/8(水) 7:00配信

withnews

漫画家のたもさんには、カルト教徒の母がいます。恋愛を禁じる教義を深く信じ、たもさんがパートナーと交際すると、厳しく叱りました。性的な話題については、口にすることすらできません。青春時代に傷ついた経験から、年頃の息子と、オープンに語らえる関係を築きたいと思っているという、たもさん。子どもに心を開いてもらうため、必要なことについて、描き下ろし作品から考えます。

【漫画】「やましい」「ふしだら」母に"恋バナ"さえ許されなかった私…親になり、息子のため決断したこと

【連載・カルト脱会後に困った「性の悩み」(#カル性)】
元カルト2世信者の漫画家「たもさん」は、幼い頃から性的な話題を禁じられてきました。最近、思春期に差し掛かった息子の言動と向き合っています。下ネタブーム、好きな人との交わり方…どう正しい情報を伝えればいいの? 親なら誰もが抱えるであろう悩みについて、一緒に考えてみませんか? 隔週水曜日配信。

「男の人と付き合っている場合じゃない」

キリスト教系のカルト教団「エホバの証人」(JW)の一員である母。たもさんも幼少期に入信し、成人後に脱会するまで、信仰を中心とした生活を送ってきました。

教義の中には、自由な恋愛を禁止する項目があります。そのため、母は娘である、たもさんの行動には敏感でした。

母はある日、たもさんのかばんの中から、パートナーと撮った写真を見つけます。問いただすと、こう反論してきました。「やましい事がなければ見せられるはず」「この世はもうすぐ終わるというのに、男の人と付き合っている場合じゃないでしょう!」

青春時代に、親子で”恋バナ”ができない……。そんな状況に心を痛めた、たもさん。小学生の息子「ちはる」には、どんなことでも打ち明けて欲しい。一人、決意を新たにするのでした。

最近、特に気になっているのは、性にまつわる話題です。娘であれば、生理の話や、婦人科の選び方などについて語らえるかもしれない。でも、異性である息子が悩みを抱えても、スマートに話せる自信がありません。

「父親に心開けた?」夫に迫る妻

悩みながら調べると、こんな情報に行き着きました。

「幼いうちは、親の性別より信頼関係が大切」

「性教育とは、大人の性行為について話すことではなく、日常の何げない会話の流れなどで、性にまつわるマナーやからだの変化などを含め段階的に教えるもの」

たとえば、電車の中で妊婦に席を譲った後、「あなたがお腹にいたときも同じことをしてもらった」と話してみる。生理痛で起き上がれないとき、女性の体の仕組みについて伝える。そのような方法なら、自然に会話できるかも……。たもさんは、手応えを感じます。

「パパにも関わって欲しい」。そう思い、仕事から帰宅した夫「カンちゃん」に相談します。

「仕事が忙しくて、あと5年くらいすれば落ち着くかも……」。返答を聞き、たもさんはこう迫ります。

「5年後、ちはるは15歳……」「15歳の男の子が、いきなり距離を縮めてきた父親に心を開くとでも……?」

その後、月に一度は、父と子で出掛ける時間をつくるように。「いつか、自分か夫、どちらかでも相談相手になればいいな」。そんなモノローグで、漫画は締めくくられます。

1/2ページ

最終更新:4/8(水) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事