ここから本文です

志村けんさんの「笑いの空気になってる」追悼特番に清水ミチコとナイツ感嘆

4/7(火) 11:40配信

ニッポン放送

タレントの清水ミチコとお笑いコンビ・ナイツが、3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったお笑いタレント・志村けんさんへの思いを明かした。

4月2日、ニッポン放送「ラジオビバリー昼ズ」に生出演した清水とナイツは、この前日4月1日に放送された『志村けんさん追悼特番 46年間笑いをありがとう』(フジテレビ系)について言及。追悼番組では「ドリフ大爆笑」「志村けんのだいじょうぶだぁ」「志村けんのバカ殿様」などの傑作コントを紹介し、平均視聴率は21.9%を記録した。

この番組をテレビ観賞していた塙は、志村さんの名物キャラクター『変なおじさん』が半分ナースの格好で放送されていたことについて、「フルバージョンで見たかったなぁ」と吐露。これを受けて土屋も、「子供と観ていて、『本来はこれじゃないんだよ』って説明が難しかった」と振り返りながら、「今見ても面白いから、もっとたくさん流してほしいですよね」と、コントを絶賛した。さらに、清水は「羽でも生えていたかのような」と例えるほど、志村さんに清らかなイメージを抱いていたと明かした。

また、追悼番組の終盤、加藤茶が志村さんに弔辞を読み上げる場面で、塙は過去の『ザ・ドリフターズ』のコントを思い出したという。

「追悼番組で、(志村さんの代表的なネタの)『ひとみばあさん』のでっかい写真をバックに、加藤茶さんが手紙を読むんですよ。あれ、笑っちゃいけないんですけど、なんか“ドッキリ”みたいな感じがしちゃって。本当に、あれがドリフのスゴいところですね。やっぱり、笑いの空気になってますもんね」

塙の発言に深く共感し、「日を増すごとに“志村さんロス”っていうか、哀しくなってくるよね」と呟く清水に、「これが、すぐに受け入れられないってやつなんですね…」と、土屋も寂しさをにじませた。

また、1974年に『ザ・ドリフターズ』で最年長だった荒井注さんがグループを脱退し、正式メンバーとして加入した志村さんをリアルタイムで観ていた清水は、「志村さんになって、『全然ダメ。荒井注のほうが面白い』って思っちゃってた。でも、だんだん『志村スゲ~!』ってなっていったよね」と、当時の心境を回顧。これには土屋も、「途中から入って中心になるってすごいですよね」と、改めて志村さんの偉大さを噛みしめ、塙も「めちゃくちゃ観てたね。『だいじょうぶだぁ』、『ごきげんテレビ』も……」と、“志村さんロス”を嘆いていた。

最終更新:4/12(日) 19:12
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事