ここから本文です

おお、iPhone 12(仮)の3カメラ+LiDARスキャナはこんなイメージ?

4/7(火) 12:00配信

ギズモード・ジャパン

かっこいいじゃない。

新型iPad Proから始まった、LiDARスキャナの導入。そんなLiDARスキャナを搭載したiPhone 12のデザインが、とうとう判明したかもしれません。

今回のイラストは、ConceptsiPhoneがiOS 14から発掘して投稿したものです。画像を見ると、3つのトリプルカメラが外側に、そして1つのLiDARスキャナが内側に配置されていることがわかります。

LiDARスキャナは物体との距離を測定するシステムで、すでに新型iPad ProではAR(拡張)機能の強化が予定されています。また、iPhone 12にLiDARスキャナが搭載されるという噂は、以前にも伝えられていました。

3つのカメラ(標準/広角/望遠)とLiDARスキャナが四角く並ぶ様子は、デザイン的にはまとまりを感じます。また、カメラ間でのスムーズな画角の切り替えは、ソフトウェアの改良で力技的に解決するのでしょうか。

一方、ライバルのAndroidスマートフォンを見回すと、すでにLiDARスキャナと似た機能を持つToFセンサーを含む、4カメラや5カメラの搭載が当たり前になっています。ですので3カメラ+LiDARスキャナの搭載は、今年のiPhoneにとってはある意味必然の進化なのかもしれません。

Source: ConceptsiPhone via 9to5Mac

塚本直樹

最終更新:4/7(火) 12:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事