ここから本文です

NY株、一時2万3千ドル回復 感染伸び鈍化を好感

4/7(火) 22:53配信

共同通信

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、前日からの上げ幅が一時900ドルを超え、取引時間中としては3月13日以来、約3週間ぶりに2万3000ドルを回復した。米国内の感染者が集中するニューヨーク州で死者数の伸びが鈍化しつつあることが好感され、買いが先行した。

 前日は1600ドル超上昇しており、相場の底入れにつながるかどうかが焦点となる。

最終更新:4/7(火) 23:04
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事