ここから本文です

フジ、一部のロケ、スタジオ収録「当面の間控える」 休止する番組、期間は個別判断

4/7(火) 11:20配信

オリコン

 フジテレビは7日、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、「ごく小規模の関係者で感染防止対策を充分に講じることができる番組以外のロケやスタジオ収録を当面の間控える」と発表した。

【場面ショット】『アンサング・シンデレラ』石原さとみと西野七瀬の共演シーン

 同局は「新型コロナウイルス感染防止対策についてのお知らせ」と題した書面をホームページに掲載。「フジテレビでは、今後も引き続き新型コロナウイルス関連ニュースや生活に必要な情報を、報道・情報系の番組を通じてお伝えしてまいります。また、このような状況だからこそ、少しでも楽しんでいただける良質なエンターテインメント番組についても、皆様にお届けしていきたいと考えております」としている。

 しかし、新型コロナウイルスの感染が拡大していることから「出演者の方々や制作スタッフの安全を最優先に考え、ごく小規模の関係者で感染防止対策を充分に講じることができる番組以外の、ロケやスタジオ収録を当面の間控えることにいたしました」と説明。また収録を休止する番組、期間については「今後個別に判断してまいります」とコメントした。

 他局も感染拡大防止に向けた対策に取り組んでいる。TBSは2日、ドラマやバラエティー番組のロケ・スタジオ収録を4日から19日まで見送ると発表。日本テレビは6日、2週間の間、安全確保が難しいと判断される番組の制作休止期間を設けるとしている。

最終更新:4/10(金) 8:26
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事