ここから本文です

Yaeji、初のフィジカルリリースとなる最新ミックステープから「WHEN I GROW UP」のキュートなリリックビデオ公開

4/7(火) 18:09配信

BARKS

ソウルを経由し現在はNYに拠点を置くエレクトロニックプロデューサー/DJ/ボーカリストのYaejiは、初のフィジカルリリースとなる最新ミックステープ『WHAT WE DREW』から「WHEN I GROW UP」のリリックビデオを公開した。となりのトトロの「さんぽ」のオープニング映像にインスパイアされたというキュートなビデオになっている。 Yaejiにとって『WHAT WE DREW(私たちが描いてきたもの)』は、このタイトルがプロジェクト全体の精神を捉えているという。このプロジェクトは“友人、家族、感謝と支え”が主なテーマとなっており、「私が支えられたり、私が支えたり、そしてお互いを支え合うということ」を描いたとYaejiは話している。2年という歳月をかけてYaejiがプロデュースした同ミックステープの音楽を作曲し始めた時、彼女の中で特定の物語はなく、各トラックは彼女の人生の一部を切り取ったものだという。マスタリング・エンジニアは、坂本龍一やスロウダイヴ、ディア・ハンター、バトルス、プリンセス・ノキアなどの作品も手掛けるヘバ・カドリーが務めた。また、アルバムには彼女のニューヨークシティのコミュニティーなどに属している新鋭のアーティストたちがゲストとして集っている。東京のDJ/プロデューサー、ヨンヨンのほか、オークランド出身ブルックリン在住のラッパー、ナッピー・ニーナや、ロンドンのパフォーマンスアーティスト、トロント出身のアジア系ドラァグ・アーティストのヴィクトリア・シン、ロンドンのプロデューサー、シャイ・ワンなどが参加している。 なお、『WHAT WE DREW』は好評発売中。初のフィジカルリリースとなる最新ミックステープのCD盤は日本と韓国のみの限定となり、国内盤CDには歌詞対訳と解説書が封入、本編12曲に日本盤と韓国盤限定のボーナストラック1曲を収録。また、タワーレコード(一部店舗を除く)とHMV(一部店舗を除く)、ディスクユニオン(一部店舗を除く)、Amazon.jpでは国内盤CD特典として本人デザインのキラキラステッカーを先着でプレゼントされる。

『WHAT WE DREW』
2020年4月2日(木)
XL Recordings / Beat Records
国内盤CD XL1061CDJP ¥2,200+税
国内盤特典:歌詞対訳・解説/ボーナストラック追加収録

Apple Music: https://apple.co/2IE3LrA
Spofity: https://spoti.fi/2IAurtc

■TRACKLISTING
01. MY IMAGINATION
02. WHAT WE DREW
03. IN PLACE
04. WHEN I GROW UP
05. MONEY CAN'T BUY (ft. Nappy Nina)
06. FREE INTERLUDE (ft. Lil Fayo, trenchcoat, Sweet Pea)
07. SPELL (ft. YonYon, G.L.A.M.)
08. WAKING UP DOWN
09. IN THE MIRROR
10. THE TH1NG (ft. Victoria Sin, Shy One)
11. THESE DAYS
12. NEVER SETTLING DOWN
13. When In Summer, I Forget About The Winter *Bonus Track for Japan and South Korea

最終更新:4/7(火) 18:09
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事