ここから本文です

コロナ・パンデミックの買い占め心理、商品不足や価格高騰を起こさない工夫の必要性

4/7(火) 10:00配信

AMP[アンプ]

パンデミックで買い占め止まらない、世界の現状

今回の新型コロナショックのような緊急事態が発生すると、必ず起こるのが「買い占め(panic buying)」だ。

ソーシャルメディアでは、世界各地のスーパーマーケットの空になった商品棚の写真が多数シェアされている。

買い占め対象となっているのは、マスクや消毒ジェルなど感染防止に必須なプロダクトだけでなく、トイレットペーパーやインスタントヌードル、缶詰なども含まれる。

この買い占めの状況は、ソーシャルメディアの写真だけでなく、店舗の売上高データからも知ることができる。

たとえば、マレーシアの消毒ジェル売上高は1月末の1週間だけで、100万リンギ(約2500万円)に達し、通常の週間売上高と比較して800%増加した。

ニュージーランドでも、2月末に初の感染者が報告されたことをきっかけに、買い占めが加速。地元メディアNZheraldが伝えたPaymarkのデータによると、2月29日オークランドのクレジットカード利用額は前年同期比で75%以上増加したという。

また消費者市場調査会社ニールセンによると、3月8~21日の2週間、米国における消費者向けパッケージ商品(CPG)の売上高は前の2週間から85億ドル(約9200億円)増加。通常時の15倍の伸びになったという。

前年同期との比較では、店舗での買い物以上にオンライン購入が急増。3月1~7日、店舗の売上高は前年同期比9%増、オンラインは29%増、さらに3月8~14日には店舗で45%増、オンラインで91%増を記録した。

買い占め行動は、供給をひっ迫し、価格を高騰させる。自然の成り行きで高騰する場合もあれば、悪意あるものが意図的に価格を吊り上げるケースも少なくない。

BBCの3月16日の記事によると、米国では消毒ジェルを買い占め、Amazonを通じ法外な値段で販売していた男性が当局の捜査対象になった。

この男性、米国で初の新型コロナ関連の死亡者が出た3月1日以降、地元テネシー州の街々を駆け回り消毒ジェル1万7700本を買い占め、アマゾンで最大70ドル(約7600円)で販売していた。一般的な価格は10ドルほど。7倍も値段を吊り上げていたことになる。

1/2ページ

最終更新:4/7(火) 10:00
AMP[アンプ]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事