ここから本文です

レンズ豆と新玉ねぎのスープ【プロに聞いたお家ごはんレシピ】|STORY

4/7(火) 7:01配信

magacol

モロッコ料理というと、クスクスやタジン鍋。自宅では作るのが難しいのでは……とつい敬遠しがち。でも、実は野菜をたくさん食べられるヘルシーなメニューが多いんです。そこで今回は、家庭でも簡単に作れるモロッコ料理を小川歩美さんに教えてもらいました。

レンズ豆と新玉ねぎのスープ

~パパッと作れる体にやさしいお豆のスープ~

材料(2人分)

レンズ豆(レッドレンティル)(乾燥) 1カップ
オリーブオイル 大さじ3
にんにく(みじん切り) 小さじ1
新玉ねぎ(スライス) 400g
塩 小さじ1 
水 4カップ
黒こしょう ひとつまみ

レシピ

1 厚手の鍋にオリーブオイル、にんにく、新玉ねぎ、塩を入れて弱火にかけ、蓋をして蒸し煮する。

2 焦げ付かないようにときどきかき混ぜながら、玉ねぎが透き通り、とろりとして香ばしい匂いがするまでしっかり火を通し、甘みを十分に引き出す。

3 香ばしい匂いがしてきたら、水で洗ったレンズ豆、水を加えて強火にする。

4 沸騰したら中火にし、灰汁をとりがら豆が柔らかくなるまで10~15分程度煮る。

5 ハンドブレンダー(またはミキサー、その場合は粗熱がとれてから)でなめらかにし、再び火にかけ、塩(分量外)、黒こしょうで味を調える(濃度が濃い場合は、水を加えて好みの加減に調節する)。

~ 更に美味しく作るコツ! ~

レンズ豆でも皮のついていない「レッドレンティル」は火の通りが早く舌触りが良い。

玉ねぎの甘みがカギなので、弱火でじっくり熱を加えて甘みを出します。

このレシピの担当:「エンリケ マルエコス」店主の小川歩美さん

38歳。モロッコに魅了され、26歳の時から5年間滞在。料理研究家のもとに弟子入りし腕を磨く。帰国後、’09に東北沢にモロッコ料理店「エンリケ マルエコス」をオープン。連日、やさしい味を求める女性客を中心に賑わう。美味しいモロッコ料理と店主の人柄に魅了され、リピーターも多数。ご自身のリセット法はたっぷりの野菜料理と毎日の水泳。著書に『家庭で楽しむモロッコ料理』(河出書房新社)


撮影/長谷川 潤 取材/大佛摩紀

最終更新:4/7(火) 7:01
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事