ここから本文です

「最悪シナリオ策定」に躍起、金融市場の行方はどうなる

4/7(火) 6:01配信

MONEY PLUS

4月3日に発表された米3月非農業部門就業者数(NFP)の速報値は、市場予想の前月比▲10万人よりもかなり弱い▲70万1千人となりました。市場予想よりはかなり弱かったものの、もともとこの速報値は5月には大幅下方修正されることが予想されており、市場反応の指標への反応(ドル下落、米金利低下)は一瞬で終わってしまいました。

【写真】ホンダの「月極定額サービス」 リースやカーシェアと何が違う?

市場はすでに織り込み済み

今回の米3月雇用統計に関しては、筆者も予想することを断念しました。なぜかというと、筆者が米雇用統計を予想するうえで重要視している、米失業保険継続受給者数の推移があまりにも大きくぶれており、米雇用統計調査週とされる12日が含まれる週の内容が、どれだけ正確なものかが読み切れなかったためです。

しかも、年間の数値をならすために使われる季節調整係数もうまく働かないことも予想され、筆者は予想を断念しました。ご参考までに、季節調整前の3月NFPは前月比▲25万1千人です。

NFP以外にも、失業率、労働参加率も悪化しましたが、ロックダウンのような状況下において解雇になるのは低所得者・パートタイマー・日雇いのような人々が多いため、平均時給は前月比・前年比ともに上昇する結果となっています。

最初に少しだけ触れましたが、これだけ弱い米3月雇用統計に対する市場反応はわずかのものでした。しかもこの日は米3月ISN非製造業景況指数の発表もあり、通常の週末であれば、大きくドルが売られ、米国債利回りが低下していたことでしょう。

しかし市場参加者はすでに、目先の米経済指標がかなり悪化すると見ていることで、市場反応は限られています。想像するに一部の投資家は、新型コロナウイルス感染拡大が収束し始めた後の相場を考えて動き出している可能性も高いと思われます。

最も注目している材料は原油価格

3月5~6日に開催された「OPECプラス」会合では、ロシアが減産合意に反対し、物別れに終わったことで、サウジアラビアが一転して増産を発表し、ロシアも対抗措置で増産を発表しました。OPECプラスでの減産協議決裂と、サウジアラビアおよびロシアの増産発表を受けて、原油先物価格は大幅に下落しました。

OPECプラス会合が開かれた3月6日のオープンが46ドル/バレル台前半だったWTI原油先物価格は、その日のうちに41ドル/バレル台前半まで急落し、3月18日には20ドル/バレル台まで暴落することとなりました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界の主要国の生産活動が軒並み大きく落ち込む中での原油需要激減見通しと供給過剰見通しは、ダブルで原油価格を暴落させる要因となりました。

原油価格の暴落は、産油国の歳入減少、財政赤字拡大につながり、財政赤字を補填するために政府系ファンドの運用資産取り崩しをせざるを得なくなるとの見通しが、世界の株価を圧迫することとなりました。

また、原油価格暴落は、トランプ政権の支持基盤であるとされる米シェールオイル業界の業績をも圧迫することになりました。4月1日に米シェールオイル開発大手ホワイティング・ペトロリアムが 、米連邦破産法11条(チャプター11、日本の民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請し、ここからトランプ米大統領の原油価格への介入姿勢が強まり始めました。

米3月雇用統計が発表された4月3日は、いったんは決裂した減産協議再開に向けて、OPECプラス臨時会合への期待が強まった日でした。下記のように、東京朝方のトランプ大統領の発言を皮切りに、減産合意に向けた期待は膨らみましたが、ロシアが本気なのかどうかが筆者には分かりませんでした。しかも、トランプ大統領は、米国は減産するつもりはないと表明しており、ロシアが納得するのかどうかが疑問でした。

ここまで間髪入れずに、協調減産合意へ向けても道筋が示されるだけで、市場の目はどんどん米雇用統計から離れていくことになり、4月6日のOPECプラス臨時会合での減産合意後の相場展開に目が向いてしまいました。「OPECプラス減産合意」=「リスクオン」という解釈をする向きが多かったと思われます。

すなわち、ドル高円安、株高、米金利上昇、原油先物価格上昇、というシナリオが描かれてしまったために、弱い米3月雇用統計はスルーされてしまったものと思っています。

米経済指標が弱くなることは、誰に言われなくても分かっていることです。市場は今、最悪シナリオ策定に躍起になっています。筆者はこの世界総悲観、「リスクオフ」論者大合唱の時期がドル買い円売り、米株式購入のタイミングではないかと考えています。

新型コロナウイルス感染拡大がいつ収束するかも気になりますが、4月に入ってからの各国の某薬品大量購入の動向を見ると、「収束はする」と筆者は予想します。

今泉光雄(大和証券 チーフ為替ストラテジスト)

最終更新:4/7(火) 6:01
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事