ここから本文です

元複3位キング 大会中止で現役引退へ「とても感謝している」<女子テニス>

4/7(火) 10:51配信

tennis365.net

WTA

女子プロテニス協会のWTAは6日に公式サイトで、ダブルスで元世界ランク3位のV・キング(アメリカ)が引退したことを発表した。

【元複3位キングの支援に注目】

キングは、今年4月のボルボ・カー・オープン(アメリカ/チャールストン、クレー、WTAプレミア)を最後に現役を引退すると発表していたが、新型コロナウイルスの影響により同大会でプレーすることなくキャリアに終止符を打った。

WTAの公式サイトにはキングのインスタグラムのコメントが掲載されており「私を愛してくれた友達や家族、ずっとそばにいてくれたコーチ、そしてキャリアを通して応援してくれたファンたちにとても感謝している」と綴った。

「大好きなテニスには感謝しかない。私と他のみんなに本当の情熱や未来への可能性を示してくれた。テニスはいつでも次のチャプターの一部としてある。これからも希望を与え、WTAのチャリティーなどを行い、次は何をやるのかを発信し続ける。サポートをありがとう」

キングはダブルスで15勝、シングルスでは世界ランク50位まで上り詰めた。

最終更新:4/7(火) 10:51
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事