ここから本文です

「子どもの目線」で遊びを広げるコツは?わからないことを子どもと一緒に味わってみよう

4/7(火) 18:06配信

ベネッセ 教育情報サイト

「どう一緒に遊んでいいかわからないときがある」
「なかなか子ども目線になれない」
「見守ってばかりで一緒に遊べない」
「子どもが喜ぶ遊びがわからない」

これらは、編集部に寄せられた、ふだん子どもと遊ぶときにおうちのかたが抱えている悩みの声です。

子どもと同じ目線で楽しみたいと思う一方で、どう関わったら遊びを広げてあげられるのかお悩みのおうちのかたも多いのではないでしょうか。

そこで、発達心理学に詳しく、子ども向けのイベントやワークショップ、企業向けの企画開発ワークショップなども多数実践・研究されている、臼井隆志さん・安斎勇樹さんにお話をうかがいました。

子どもがやっていることを 名詞ではなく、動詞でとらえる

―私自身も経験がありますが、”うまく遊んであげられない”と感じるおうちのかたは多いようです。
たくさんワークショップを実践される中で、おふたりのおすすめの方法はありますか?

臼井:
子どもと遊ぶ時間を、どう捉えるか、かもしれませんね。
忙しい子育ての中では、つい”自分の時間を犠牲にして子どもと遊んであげている”と考えてしまいがちですが、”自分も一緒に遊んでいる”と捉えることができると、見え方が変わってくることがあります。

また、「うちの子はあまり工夫をしない」というお悩みもよく聞きます。
ワークショップなどで親子の様子を見ていると、親が「それ違うんじゃない?」「こうしたら?」とつい先に口を出してしまう光景を見かけます。
大人からよい・悪いという軸で判断され続けると、子どもは委縮してしまい
結果として「親が考える正しいこと」しかしなくなることがあります。

安斎:
 私は企業向けに企画のアイディアを出し合うワークショップをすることがよくありますが、上司と部下の関係においても、そういったケースはよく見られます。
 ふだんの仕事で「部下が自分の意見を言わない」と課題に感じている上司が、ワークショップのときに「こんなにたくさんアイディアを出すやつだったのか」と驚いたり。
ふだん「意見を言わない」のは、その部下の課題ではなく、「たくさん発言した方がよい」という「望ましい状態」がお互いに合意できていないことが課題なんですね。

1/3ページ

最終更新:4/7(火) 18:06
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事