ここから本文です

汗まみれの山川はまさかの2点 後輩の森が西武の自主練習で超辛口採点

4/7(火) 17:25配信

西日本スポーツ

 西武の山川、外崎、森、川越が7日、メットライフドームで自主練習を行った。外崎は「きょうはもともと4人で捕手の練習をしようということになっていた」と全員で捕手の防具をつけて登場した。

【写真】そっくり?西武・山川と大相撲の御嶽海

 ワンバウンドのブロッキング練習からスタート。本職の森は山川が投げるワンバウンドを右に左に見事な模範演技を見せたが、交代して捕手役を務めた山川は「めっちゃきつい。汗がやばい」と不慣れな練習に大粒の汗を流した。

 現在は自主練習のため選手が自分でメニューを決めており、ブロッキングの基礎練習は股関節の強化や可動域の改善につながるという。両足を同時に地面について前に進む練習など捕手独特のトレーニングも行い、ロングティー打撃で締めくくった。

 山川は「森が普段やっている捕手の練習が大変というので、やってみようということになった。下半身を早く使わないといけないのですごくキツかった。捕手はすごい」とコメント。一方の森は「個人的にもこの練習をしたかった。股関節を鍛えるにもいい動きだと思うし、この練習は打撃にも生きる。(100点満点で)外崎さん60点、川越さん4点、山川さん2点」と冗談っぽく振り返った。

西日本スポーツ

最終更新:4/7(火) 17:33
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事