ここから本文です

販売現場の悲痛 3月新車は例年並みでも コロナで先が見えない市場

4/7(火) 7:10配信

くるまのニュース

コロナ禍で3月の新車販売はどうなった?

 世界的に新型コロナウイルスの影響がさまざまな分野に波及しているなか、日本でも感染者数が増加傾向にあり、2020年3月に入ってからは全国各地で不要不急の外出を自粛する動きが出ています。

【画像】売れる車にはワケがある? 人気車を詳しく見る!(30枚)

 そんな3月の普通車(登録車)の販売台数は、コロナ禍による影響を受けたのでしょうか。

 自販連が公表した3月の登録車販売台数のTOP5は、1位トヨタ「カローラ(1万6327台)」、2位ホンダ「フィット(1万4845台)」、3位トヨタ「ヤリス(1万3164台)」、4位トヨタ「ライズ(1万2009台)」、5位日産「ノート(1万999台)」という結果でした。

 前年(2019年)の同時期では、1位日産「ノート(1万6647台)」、2位トヨタ「アクア(1万5874台)」、3位トヨタ「プリウス(1万5541台)」、4位日産「セレナ(1万2420台)」、5位トヨタ「ヴィッツ(1万977台)」と、概ね同等の台数です。

 例年3月は年度末の決算期となり、各販売店では1台でも多く販売(普通車の場合は登録)するために、値引きやオプションパーツの追加などのサービスに力を入れています。

 しかし、前出のとおり3月半ば以降は新型コロナウイルスの影響によって、販売店への客足は減少していたといいますが、なぜ前年同様の販売台数となったのでしょうか。

 都内にあるトヨタの販売店スタッフは、次のように話します。

「普通車の登録は購入からしばらくかかる場合もあります。そのため、2月後半などに販売したクルマが3月に登録されれば、3月分の台数として公表されるのです。

 2月は現時点よりもコロナの影響はなかったこともあり比較的好調でした。3月半ば以降は、来店者数こそ減少した感じはありましたが、前半が堅調だったことでなんとか例年並の台数になったのではないでしょうか。

 ただし、4月は自粛の影響や経済の先行きが見通せないことなどもあり、新車販売は軒並み厳しいと思います。4月最初の土日も点検などのお客さま以外では、ほとんど来店されていません」

※ ※ ※

 また、3月の前年比較では、2019年は1位から9位までが1万台超え、以降の28位までが5000台超えという台数でしたが、2020年の1万台超えは6位まで、5000台超えは22位までとなります。

 この3月は、2月に発売されたばかりのトヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」があったこともあり、全体的な販売台数は例年並といえそうですが、その2台を除いて考えると若干ながら自粛の影響が販売台数に影響しているのかもしれません。

1/2ページ

最終更新:4/7(火) 8:55
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事