ここから本文です

米偵察機がまた韓国上空を飛行 北朝鮮を監視

4/7(火) 15:20配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米空軍の偵察機RC135Wが7日、韓国の江原道春川市と京畿道広州市、首都圏、仁川市の上空を飛行した。この偵察機は4日にも韓国上空を飛行したという。

 

 RC135Wは米空軍主力の通信傍受用偵察機で、ミサイル発射前に地上の計測機器が発するシグナルを捉え、弾頭の軌跡などを分析する装備を備えている。

 米軍がRC135Wを出撃させたのは、北朝鮮地域の移動式発射台(TEL)や主なミサイル基地を監視する目的とみられる。

 韓米軍当局も、北朝鮮のTELの動きを精密に監視している。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

最終更新:4/7(火) 15:20
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事