ここから本文です

ピシュチェク、1年契約延長で原則合意に

4/7(火) 14:56配信

超WORLDサッカー!

ドルトムントとポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク(34)が1年間の契約延長で原則合意に達したようだ。ドイツ『sport1』が報じている。

【動画】イングランドが誇る新たな“ワンダー・キッド”、ジェイドン・サンチョ/ドルトムント

2010年から黄黒のユニフォームを着るピシュチェクは、ここまでクラブ歴代10番目となる公式戦354試合に出場。本職は右サイドバックだが、今季は3バックの一角としてもルシアン・ファブレ監督の期待に応えており、直近のリーグ戦やチャンピオンズリーグの数試合では主将も務めた。

今季は2018年夏にレアル・マドリーからレンタルしたモロッコDFアクラフ・ハキミの台頭で出番が限られるかに思われたが、センターバックという新境地を開きリーグ戦は20試合に出場。また、クラブは今夏にパリ・サンジェルマンのベルギー代表DFトーマス・ムニエの獲得を狙っていたが、新型コロナウイルスの影響でとん挫しつつあるようだ。

『sport1』によると、現行2020年6月までとなっていた契約から1年延長で原則合意に達したものの、こちらもコロナの影響で細部までは詰められていない模様だ。

超WORLDサッカー!

最終更新:4/7(火) 14:56
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事