ここから本文です

インディカー:新型コロナの影響でデトロイト戦中止と新たなレーススケジュールを発表

4/7(火) 3:35配信

オートスポーツweb

 4月6日、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響によりインディカー・シリーズは開幕戦と見据えていたデトロイトグランプリの中止を決定し、新たなレースカレンダーを発表した。

【写真】エアロスクリーン導入で変化するインディカー・マシン

 世界中で蔓延している新型コロナウイルスの影響で、3月15日に予定されていたセント・ピーターズバーグの開幕戦を含む4月末までの4戦の延期・中止をインディカーは決定。
 アメリカでの感染拡大は収まらず、3月末にはインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースでのGMRグランプリと第104回インディアナポリス500マイルレースの延期を発表し、GMRグランプリは7月4日、インディ500は8月23日に決勝レース開催となった。

 インディアナポリス・モータースピードウェイの2戦が延期となったことで、5月30、31日にデトロイト市街地で行われるダブルヘッダー戦のデトロイトグランプリでのシリーズ開幕を目指していたインディカーだったが、デトロイト戦の開催を断念。新たなレース開催スケジュールを明らかにした。

 発表された新カレンダーでは、6月6日のテキサス・モータースピードウェイで開幕し、アイオワスピードウェイでのレースをダブルヘッダーとして7月17、18日に開催。ラグナセカ戦もダブルヘッダーに変更し、さらに10月3日にインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコース戦を新たに追加。

 延期未定となっているセント・ピーターズバーグ戦を含め全15戦でシリーズ開催を目指している。


 インディカーCEOのマーク・マイルズは、「我々はファンにとって、できるだけスケジュールどおりの行動ができることを取り組んでいる。更新したスケジュールは、ファンにとってお気に入りの場所を追加し、イベント総数を増やしている」

「COVID-19の状況は引き続きダイナミックで困難な状況であるため、変化に対応できる緊急時対応計画を作成した。我々の目標は参加者と観客の健康と安全を優先しながら、できるだけ多くのレース開催を維持することだ」と語った。

 中止となったデトロイト戦に対しては、「ファンと同じように、今年デトロイトでレースを行えないことを失望している。しかし、2021年にベルアイルに戻ることを楽しみにしており、その時は素晴らしいショーを開催するよ」

「またダブルヘッダー戦を受け入れてくれたアイオワ・スピードウェイとラグナセカのイベントプロモーターの柔軟性とサポートに感謝している」とコメントしている。

■インディカー・シリーズ2020年新レースカレンダー(4月6日時点)
Date/Course
6月6日/テキサス・モータースピードウェイ/オーバル
6月21日/ロード・アメリカ/ロードコース
6月27日/リッチモンド・レースウェイ/オーバル
7月4日/インディアナポリス・モータースピードウェイ/ロードコース
7月12日/トロント/ストリート
7月17日/アイオワ・スピードウェイ/オーバル
7月18日/アイオワ・スピードウェイ/オーバル
8月9日/ミド・オハイオ・スポーツカーコース/ロードコース
8月23日/インディアナポリス500マイルレース/オーバル
8月30日/ゲートウェイ/オーバル
9月13日/ポートランド・インターナショナル・レースウェイ/ロードコース
9月19日/ウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカ/ロードコース
9月20日/ウェザーテック・レースウェイ・ラグナセカ/ロードコース
10月3日/インディアナポリス・モータースピードウェイ/ロードコース
TBA/セント・ピーターズバーグ/ストリート


[オートスポーツweb ]

最終更新:4/7(火) 3:40
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事