ここから本文です

コロナ危機「週休3.5日制、所得税住民税ゼロ」で雇用維持を。労働時間を減らす決断が日本を成長させる

4/8(水) 8:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

新型コロナウイルスの感染拡大による経済、雇用への悪影響は、想像を絶するスピードで拡大している。

【全画像をみる】コロナ危機「週休3.5日制、所得税住民税ゼロ」で雇用維持を。労働時間を減らす決断が日本を成長させる

日本では4月7日夜、政府による「緊急事態宣言」が行われ、外出自粛などが一層強化された。期間はおよそ1カ月間。とはいえ、そこで緩めるとまた広がる可能性もある。このたちの悪いウイルスと今後どう立ち向かっていくのか、いま私たちは問われている。

英紙フィナンシャル・タイムズ(4月4日)は、「世界経済は(1930年代の)世界恐慌以来の落ち込みの見通し」と題した記事を掲載し、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事の発言を引きつつ、経済と雇用への影響はリーマン・ショック(とその後の金融危機)をはるかに上回ると記載している。

日本でもすでに外国人観光客(インバウンド)市場や小売業への影響が言われているが、世界経済全体が崩壊状態にあるわけだから、遅かれ早かれ製造業はじめ日本経済全体にも影響が広がることは間違いない。

京都大学の山中伸弥教授は、新型コロナウイルスについて正確な情報を発信するために個人サイトを開設し、そこに「闘いは短距離競走ではありません。1年は続く可能性のある長いマラソンです」「みんなが協力し賢く行動すれば、社会崩壊も医療崩壊も防ぐことが出来る」と書いている。有効なワクチンや治療薬が開発されるまで、闘いは続くということだろう。

週の半分を休暇にする大胆な取り組み

その長い闘いのなかで、筆者が最も深刻な問題のひとつと考えているのは、雇用崩壊だ。

経済の状況がリーマン・ショックを超えて悪化するとしたら、普通に考えれば、企業は雇用削減へと向かう。それをいかにして食い止めるかが問題となるわけだが、ただ食い止めるだけでは、企業側が破たんしてしまう。雇用と会社の存続をいずれも中長期的に維持する方策が必要だ。

筆者としては、時短労働とワークシェアリングを国家レベルで導入することを提案したい。

まず、雇用削減を迫られる企業は踏みとどまって雇用を維持し、その代わりに週休3.5日の勤務とする。いまより30%労働時間を減らすということだ。それに合わせて当然、賃金も30%カットする。

一方、国は所得税と住民税を完全免除する。労働時間の減少による収入減はある程度の範囲に収まることになる。もちろん、所得の多い人ほど税率が高く、免除措置の恩恵が大きくなってしまうので、そこは調整の必要がある。

企業側から見れば、人件費を30%カットできるため、経費を大幅に削減できる。工場の場合だと、3.5日だけ稼働させることになるので、固定費をある程度抑えられる。また、サービス業の場合は、3.5日の週休を分散させ、低い稼働率で顧客に対応する形になる。こうして少なくとも1年以上、経営と雇用を維持する。

景気回復の折にすぐ元の体制に戻れるのも、この手法の大きなメリットだ。人材は資産性が高く、解雇してあとで新規採用しようとしても、そこから育成する労力とコストが大きい。時間もかかる。だからこそ、雇用を維持することは、企業の中長期戦略的に重要なファクターと言える。

この手法では、(所得税ゼロにすることにより)政府の負担が膨大になるとの指摘も当然出てくるだろう。しかし、未知の感染症の影響により失業が増加する今回のようなケースでは、政府補償が定常化することにより、失業率が高止まりする可能性もある。そうなれば、補償による国庫負担は、所得税の免除措置以上に膨れ上がるおそれもある。

1/2ページ

最終更新:4/8(水) 17:01
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事