ここから本文です

<映像研には手を出すな!>実写版の浅草氏が可愛すぎる! アニメ声の齋藤飛鳥に反響 妄想シーンのCGも話題

4/8(水) 12:03配信

MANTANWEB

 アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さん、山下美月さん、梅澤美波さんが共演する連続ドラマ「映像研には手を出すな!」(MBS・TBS系)が4月5日深夜から順次スタートした。極度の人見知りな主人公・浅草みどりを演じる齋藤さんが「可愛すぎる」と大きな反響を呼んでいる。

【写真特集】これが実写「映像研」だ! CGのクオリティーもハンパない? 汎用有人飛行ポッド「カイリー号」も飛んだ!!

 原作は、大童澄瞳(おおわら・すみと)さんが2016年からマンガ誌「月刊!スピリッツ」(小学館)で連載中の人気マンガ。自分の考えた“最強の世界”で大冒険することが夢の浅草みどり、アニメーター志望のカリスマ読者モデルの水崎ツバメ、プロデューサー気質の金森さやかが、脳内にある“最強の世界”を表現すべく、映像研究同好会(映像研)を立ち上げ、アニメーションを制作していく物語。今年1~3月にNHK総合でテレビアニメも放送された。

 5月15日公開の映画同様にドラマでも、齋藤さんが浅草みどり、山下さんが超お嬢様でカリスマ読者モデルの水崎ツバメ、梅澤さんが金もうけの嗅覚と持ち前のビジネスセンスに優れる金森さやかを演じ、3人がアニメ制作に打ち込む姿を描いている。

 “第壹話”では、探検帽に大きなリュックという浅草氏ルックで決めた齋藤さんの“アニメ声”に視聴者は注目。早口でしゃべり続ける長ぜりふのシーンもたびたび登場し、SNSでは「浅草氏、声めっちゃ可愛いな笑」「飛鳥ちゃんのアニメ声、可愛すぎる」「あすちゃんのしゃべり方、信じられんくらい可愛い」「齋藤飛鳥の可愛さが爆発してる」「浅草氏の可愛さが限界突破」などといった声が次々に上がっていた。

 また同話の終盤には、汎用有人飛行ポッド「カイリー号」がCGによって再現され、浅草氏(齋藤さん)、水崎氏(山下さん)、金森氏(梅澤さん)の3人が乗り込み、空を飛ぶシーンもあり、「妄想シーンすげえ!」「こっからのCGがまじでえぐい」「CG激アツじゃん!」「30分ドラマのCGのクオリティーじゃない」と盛り上がりを見せ、「テンポがめちゃめちゃいいし、深夜とは思えないクオリティーの高さ」「映像研、ツイートするヒマもないまま見入っちゃった」「実写版の電撃3人娘も魅力的。ドラマも映画も楽しみ」といった投稿もあった。

 ドラマはMBSで毎週日曜深夜0時50分、TBSで毎週火曜深夜1時28分に放送。

最終更新:4/8(水) 12:03
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事