ここから本文です

新採用の沖縄県職員2人目のコロナ感染 最初の感染者と車で移動 8日判明分

4/8(水) 16:29配信

琉球新報

 沖縄県で8日に新型コロナウイルスの感染が判明した5人のうち1人は、中部保健所管内在住の20代の新採用の男性県職員であることが明らかになった。県職員の感染は3人目。最初に陽性が判明した県職員とともに、本庁の辞令交付式に参加していた。

 式に参加した後、2人は同じ車で勤務先となる出先機関まで移動した。車内で二次感染したとみられる。勤務先は別。1人目の県職員の感染が判明後、濃厚接触者として2日から自宅待機となっており、業務での県民との接触はないという。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:4/8(水) 17:22
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事