ここから本文です

7都府県郵便局の窓口業務を短縮 緊急事態宣言の対象、配達は継続

4/8(水) 11:47配信

共同通信

 日本郵便は8日、政府の緊急事態宣言を受け、対象の7都府県にある500以上の郵便局で、窓口の営業時間を当面の間、短縮すると発表した。10日に東京都内で始め、各地に広げる。原則、郵便物や荷物の配達は継続する。

 集配を受け持つ比較的大きな郵便局のうち、東京都内の24時間営業局では時間外に対応する「ゆうゆう窓口」を10日から平日は午後7時までとする。15日以降に6府県でも同様の対応をとる。対象の郵便局はホームページで公表している。

最終更新:4/8(水) 13:23
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事