ここから本文です

Rakuten UN-LIMIT、無料サポーターは「申し込み」ではなく「プラン変更」を

4/8(水) 12:55配信

ITmedia Mobile

 4月8日に楽天モバイルの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」の申し込み受付がスタートした。3月にスタートした先行申し込みは、新規契約やMNP楽天モバイル(MVNO)のユーザーを対象にしており、「無料サポータープログラム」のユーザー(以下、無料サポーター)は4月8日以降でないと申し込めなかった。

プラン変更の方法

 その4月8日を迎え、早速Rakuten UN-LIMITに変更しようと考えている無料サポーターも多いだろう。ただし注意したいのは、無料サポーターが電話番号を継続してRakuten UN-LIMITに申し込む場合、「プラン変更」の手続きが必要になること。

 Rakuten UN-LIMITへの申し込みは「my 楽天モバイル」のWebサイトやアプリから行える。Webサイトやアプリトップのサブメニューの「申し込み」からRakuten UN-LIMITを選択できるが、この手続きは新規やMNPでの契約向け。無料サポーターがプランを変更する場合、メニューから「my 楽天モバイル」を選び、プルダウンメニューの「契約プラン」からRakuten UN-LIMITを選択して「プランを変更する」を選択すればよい。

 無料サポーターの筆者は何も考えずに「申し込み」からRakuten UN-LIMITに申し込んでしまった。新規契約だと事務手数料として3300円(税込み)が請求されるが、プラン変更なら手数料はかからない。電話番号を継続できない時点で察するべきだったが、時既に遅し。サポートに電話をして事情を説明したところ、新規契約はキャンセルしてもらえることになった。ただしシステムの処理に時間がかかるため、キャンセルには数日かかるとのこと。筆者のように誤って新規契約してしまった場合、サポートに相談するといいだろう。

 なお、4月8日~29日にRakuten UN-LIMITに変更した場合、適用されるのは5月1日からとなる。つまり無料サポーターは無理して早めに申し込む必要はない。4月30日以降にプラン変更の手続きをすると、適用されるのは6月1日となる。無料サポータープログラムは5月31日まで提供されるので、6月1日までにRakuten UN-LIMITを適用するよう手続きをすれば、空白期間なしで楽天モバイルを使い続けられる。

【更新:2020年4月8日15時40分 初出時、「ただし4月30日以降にプラン変更の手続きをすると、適用されるのは6月1日となるので注意したい」としていましたが、6月1日までに適用すれば空白期間が発生しないため、記述を変更しました。】

ITmedia Mobile

最終更新:4/8(水) 15:47
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事