ここから本文です

新型コロナ感染拡大でカミュの名作が異例の大ヒット 書店では「1人1冊」のお願いも

4/8(水) 15:22配信

オリコン

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、フランスのノーベル文学賞作家アルベール・カミュ(1913~1960)の代表作『ペスト』(宮崎嶺雄訳、新潮文庫)への関心が高まっている。書店からの注文が増え続けており、2月以降だけで7回15万4000部を増刷、このほど100万部を突破し、累計発行部数は104万部となるなど、注目が集まっている。ORICON NEWSでは新潮社を取材し、異例のヒットの反響について聞いた。

【写真】新型コロナ対策で収録の『本屋大賞』 受賞者と委員が熱いスピーチ

 同書は『異邦人』に次ぐカミュ2作目の小説。当時フランス領だったアルジェリアのオラン市でペストが発生し、封鎖された孤立状態のなかで、ペストという目に見えない敵、人間性を蝕(むしば)む不条理に直面した市民たちの戦いを描いた作品となっている。1947年にフランスで刊行されるや熱狂的に迎えられ、各国で翻訳されベストセラーとなった。

 新潮文庫版の刊行は1969年で、海外文学の名作として50年以上にわたって読まれ続けているが、近年の増刷は平均で年間5000部程度。2ヶ月で一気に30年分以上の数が読まれた計算になる。紀伊國屋書店新宿本店では、売上が通常の180倍、週間ベストセラー(文庫部門)でも1位を獲得。ひとりでも多くの読者に届けるという意図から「『ペスト』お一人様1冊までとさせていただきます」と掲示が出されるなど、異例の事態となっている。

 海外メディアによると、新型コロナの感染が広がるイタリアやフランス、イギリスでも多くの人が手に取り、世界的なベストセラーに。新潮社によると50年前に邦訳版が刊行された書籍が、映画化やメディア紹介の要因なしに、自然発生的にここまで大きな反響を得ることは、過去にほとんど例がないようで、同社の担当者は「読者のみなさんも、危機に直面した今、過去の作品からヒントを得ようとしているのではないか」と指摘する。

 当時、同書はナチスの暗喩(あんゆ)と受け止められていたが、改めてひもといて見ると「天災というものは人間の尺度とは一致しない。したがって天災は非現実的なもの、やがて過ぎ去る悪夢だと考えられる。ところが、天災は必ずしも過ぎ去らない」(P56)「徹底的な措置をとらなきゃ、なんのかんのいってるだけじゃだめだって。病疫に対してそれこそ完全な防壁を築くか、さもなきゃ全然なんにもしないのもおんなじだって、いったんです」(P92)「天災のさなかで教えられること、すなわち人間のなかには軽蔑すべきものよりも賛美すべきもののほうが多くあるということ」(P457)といった、今の状況にも当てはまる文言が並ぶ。

 きのう7日には緊急事態宣言も出され、ますます緊張感が高まっているが、カミュの名作を手に取る読者が今後も増えそうだ。

最終更新:4/10(金) 6:26
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事