ここから本文です

学ぶ習慣を身につけ「なりたい自分になる」ため、塾は何ができるか――デジタル教材と、子どもたちに寄り添う指導で自立型学習を実践

4/8(水) 7:12配信

EdTechZine

 学びの形が変わり、教育者の役割もティーチングからコーチングへ変わりつつある。学習塾も例外ではない。東京・平井にある「C.school」を運営する風間亮氏、関屋雄真氏のお2人に話を聞いた。

学びの形が変わる時代、教育者に求められる役割とは?

 学習塾では人手不足の問題もあって、事業的側面からも少人数でより効果的な学びを提供することが必要となりつつある。そうした中、個別指導教材やデータなどを活用し、講師が子どもたちの学習サポートを行う塾が注目されている。東京・平井にある「C.school」もそのひとつだ。「なりたい自分に出会える塾」をコンセプトに掲げ、一人ひとりに寄り添う指導で、開塾1年目にもかかわらず多くの児童生徒と保護者の信頼を獲得してきた。学びに対する考え方や教材の活用法、講師の動き方に至るまでを伺った。

「なりたい自分」を意識し、「学ぶことの意味」を実感しながら学ぶ

――まず、塾を立ち上げたきっかけをお聞かせいただけますか。

風間氏(以下敬称略):もともと2人とも新卒でNTTコミュニケーションズに入社した同期なんです。その後、それぞれさまざまな経験をして、2019年5月に私がまず「C.school」を立ち上げ、関屋が10月に正式に合流して現在に至ります。私も関屋も最初から塾を開こうと思っていたわけではなく、仕事を通じて新しい教育の在り方について興味を持ち、その中で最適な形態と思われる塾というスタイルで立ち上げました。

 まず私自身は、NTTコミュニケーションズに2年間在籍し、その後NPO法人であるTeach For Japanの派遣プログラムに参加して福岡県田川郡で中学校の教員を2年間務めました。そこではさまざまな授業を経験させてもらい、同時に既存の学校での課題も実感するようになり、新しい時代の学校をつくりたいと考えるようになりました。その知識や経験づくりのために民間で成功している経営大学院へ入社し、1年後にC.schoolを立ち上げたのです。

関屋氏(以下敬称略):その間、私はずっとNTTコミュニケーションズにいて、最初の3年間は仙台で教育委員会への営業を、その後2年半は「まなびポケット」という教育ソリューションの営業を担当していました。実は風間が教員をしていた学校へ、導入事例の取材に行ったこともあるんです(笑)。入社時から仲が良く、お互い教育に興味を持っていたので、自然と2018年の秋くらいから塾についても話すようになりました。そこで設立と同時に、私もNTTコミュニケーションズに所属しつつダブルワークで参加し、2019年10月に正式に合流しました。

1/8ページ

最終更新:4/8(水) 11:13
EdTechZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事