ここから本文です

宮古島で島自慢の肉&魚料理を味わえるお店4選|HERS

4/8(水) 7:02配信

magacol

スポーツ目的で多くの人が訪れる宮古島。
体を動かしたあとの食事は、島自慢の魚料理、肉料理がぴったり!希少な宮古牛や多良間牛、新鮮な魚介類を味わえるお店を本誌より一部抜粋してご紹介します。

■旨みの強い多良間牛をジュージーで絶妙な焼き加減のハンバーガーで味わう

「DOUG’S BURGER(ダグズ・バーガー)」

多良間牛の旨みと天然酵母バンズの「ダグズ・バーガー」(¥930)。+¥790で「ダグズ・オニオンリングス」等サイドメニューとドリンクセットに。

オーナーのダグ氏が惚れ込んだという黒毛和牛の名産地、多良間島で飼育されている多良間牛を使った、どびきり贅沢なハンバーガーが味わえる店。

キハダマグロ釣りが趣味のダグ氏が辿り着いた究極の釣り場が宮古島で、宮古島沖のキハダマグロを使った「ダグズ・ツナステーキバーガー」も看板メニューです。冷えたビールやワインと。

ダグ氏お勧め、LAVA(溶岩)のようにチーズが流れ出す「ダグズ・ノーベジチーズバーガー《LAVA》」(¥1,140)

DOUG’S BURGER(R)(ダグズ・バーガー)
宮古島市平良下里1153-3-101
営業時間/11:00~20:00
定休日/第3水曜

■希少な宮古牛と季節の島野菜。焼肉で美味しさをダイレクトに堪能

「海風(いんかじ)」

「トモ三角」(¥2,980)、「カメの甲」(¥2,180)、「シン芯」(¥2,180)と、こどもピーマン、ウリズン豆、赤オクラ。

数が少なく、多くは宮古島で消費されて県外に出ることがほとんどないため“幻の和牛”とも言われる宮古牛。脂にしっかりと甘みがありながらあっさりとした味わいが特徴です。

海風で供される牛肉は宮古牛のみ。一頭買いのため希少部位もメニューに並びます。シンプルな調理法で味わうのが理想的という宮古牛を、島野菜とともに味わい尽くしたい。

宮古島特産の四季折々の島野菜も味わえます。「日替わりナムル盛り合わせ」(¥680)

海風(いんかじ)
宮古島市平良字西里300-6
営業時間/17:00~23:00(22:00L.O.)
定休日/水曜

1/2ページ

最終更新:4/8(水) 7:02
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事