ここから本文です

セブンイレブン営業を継続 本部は店舗のバックアップに集中 緊急事態宣言受けて

4/8(水) 8:06配信

食品新聞

 セブン‐イレブン・ジャパンは7日、 緊急事態宣言の発令を受けて、感染リスクの低減や人命・安全を最優先に各店舗の状況に合わせて可能な限り営業を継続するなどの考えを明らかにした。
 店舗営業については、可能な限り営業を継続するとともに、社会におけるインフラ機能としての役割を果たすため、本部は政府や行政と連携して店舗の営業継続に向けた商品の確保や安定的な供給などのバックアップを実施する。
 店舗での感染拡大防止への対応策としては、従業員への出勤前の検温実施やマスク着用、多頻度での手洗い・手指の消毒・うがいの励行など様々な取り組みを進めていく。
 本部対応としては、本部勤務の社員は基本的に在宅勤務を実施するほか、フランチャイズ本部としての機能を必要最小限に抑えて店舗営業に係る業務に集中する。

最終更新:4/8(水) 8:29
食品新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事