ここから本文です

「ショー・マスト・ゴー・オン」 無観客「レッスルマニア36」はカブキ・ウォリアーズでスタート!

4/8(水) 10:40配信

ENCOUNT

「レッスルマニア36」オープニングマッチを飾ったカブキ・ウォリアーズ

 年間最大の祭典が無観客でおこなわれる異常事態。それでもさすがはエンターテインメント大国アメリカ、世界最大のプロレス団体WWEである。「ステイ・アット・ホーム(お家にいよう)」を合い言葉に感染拡大と戦う人たちに向け「ショー・マスト・ゴー・オン(なにがあってもショーは続ける)」の精神を貫き、「レッスルマニア36」(以下WM36)をフロリダ州オーランドのトレーニング施設パフォーマンスセンターにて開催。2日間(4月4日&5日)の模様が動画配信サービスWWEネットワークにて全世界へと届けられた。

【ギャラリー】カブキ・ウォリアーズが出場した「レッスルマニア36」オープニングマッチ

 初日のオープニングマッチに登場したのは、アスカ&カイリ・セインのカブキ・ウォリアーズだった。これは“栄えある第1試合出場”と言っていい。事前番組「レッスルマニアキックオフ」に続く本編のスタートは、大会の流れを左右する大事な試合。それは日本もアメリカも万国共通で、エンターテインメントとして大事な要素だ。

 事実、直近の「WM」では昨年がブロック・レスナー VS セス・ロリンズのユニバーサル王座戦で、一昨年がザ・ミズ VS フィン・ベイラー VS セス・ロリンズのIC王座戦、3年前はAJスタイルズ VS シェイン・マクマホンだった。タイトルマッチや大注目の戦いで試合の幕が上がるのは、もはや「WM」の伝統になっている。アスカ&カイリには視聴者の視線を釘付けにさせる使命が与えられたのである。

 WWE女子タッグ王座防衛戦に臨んだカブキ・ウォリアーズは結成からまもなく1年。昨年4月の「スーパースター・シェイクアップ」でアスカのパートナーとしてカイリが登場し、1か月後にはカブキ・ウォリアーズと命名された。ここからペイジを代理人とした日本人チームの快進撃がスタートすることとなる。

 しかしながら、同じ日本人とはいえ両者にはまったく接点がなかった。もちろん存在は知っていたが面識はない。アスカはカイリを写真で見た程度だという(両者とものちにWWEへ合流することとなる紫雷イオという共通点があるが、それはまた別の話である)。

 カイリとのタッグが決まったとき、アスカは瞬間的にこう感じたという。

「これ、絶対人気出るやろうなと思ったんですよ。そう、確信があった。陰と陽やったら“スーパー陽”の2人が組むのでね、いけるやろなって思ったんです」

 実際、カイリは宝城カイリ時代、団体存続の危機的状況下で王者となり、天真爛漫な明るさでスターダムの窮地を脱した経験がある。

 カイリがWWEにやってきた当初は行き違いで、せいぜい挨拶を交わす程度だったという2人。しかしカイリが「メイ・ヤング・クラシック」覇者、元NXT女子王者という肩書きをひっさげWWEロースターに昇格、スマックダウン所属でタッグを組むことが決まると、アスカにとってカイリは想像以上に話しやすい人物だった。「私って個性が強すぎるので私の方に注目が集まってしまったときにどうなるか?」という唯一の不安も、カイリの機転のよさでまったく問題にはならなかった。

「カイリちゃんが賢いというか、自分自身の立ち回り方とかも考えているし、ポジションもぶつからないので、すごくやりやすいんですよね」(アスカ)

 息の合った2人は、女子タッグ王座獲得のチャンスをつかんだ。昨年の日本公演で王者アイコニックスに勝利し、7・16で挑戦。リングアウトで勝利するも、このときは規定によりベルト奪取には至らなかった。8・5では4WAYで再チャレンジしたのだが、カブキを破ったアレクサ・ブリス&ニッキー・クロス組にベルトが移動した。8・12ではアレクサ組がカブキを返り討ちにして王座防衛。

 しかし10・6「ヘル・イン・ア・セル」にてアスカがニッキーをフォールし、待望の女子タッグ王座初戴冠を成し遂げた。そして12・15「TLC」、新王者組はPPVでメインを飾るまでにベルトの価値を上げていた。その上、挑戦者はベッキー・リンチ&シャーロット・フレアーという女子革命の先駆者たちだ。ダメージの大きいカイリがしばらく欠場という代償があったものの、この2人からベルトを守った事実はとてつもなく大きな自信を王者組にもたらした。

1/2ページ

最終更新:4/8(水) 13:15
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事