ここから本文です

岡山駅前にレンタルオフィス開設 テレワーク拡大受け丸田産業

4/8(水) 20:53配信

山陽新聞デジタル

 天満屋グループで不動産管理などを手掛ける丸田産業(岡山市北区本町)は、新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークを実施する企業が増えていることを受け、レンタルオフィスをJR岡山駅前に開設した。

 貸し会議室などとして提供していた第一セントラルビル2号館(同所)の1階と8階の各1室を活用。感染予防でオフィスの分散に取り組む企業の利用を見込み、当面の間、敷金なしで1カ月単位で貸し出す。

 2室とも机や椅子のほか、インターネットの接続環境を整備。感染防止のために加湿器か空気清浄機を用意している。1カ月の賃料は8階の部屋(約50平方メートル、21席)が税別18万円、1階の部屋(約15平方メートル、6席)は同9万円。利用者は仮眠室や休憩用の共有スペースを利用できる。

 同社は、市内の企業から臨時オフィスを求める声が寄せられたのを受けて対応。一方、新型コロナの影響で貸し会議室はキャンセルが相次いでいるため、「状況を見ながら増室など臨機応変に対応したい」としている。

最終更新:4/8(水) 20:53
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事