ここから本文です

楽天2位ルーキー黒川 本田圭佑に刺激を受ける日々 オコエ以来の高卒野手開幕1軍へ

4/8(水) 11:10配信

中日スポーツ

 楽天のドラフト2位・黒川史陽内野手(18)=智弁和歌山高=は、サッカーのブラジル1部リーグボタフォゴに所属する元日本代表・本田圭佑から刺激を受け、初めての開幕を待っている。緊急事態宣言が出た7日、球団を通じて「周りからはビックマウスと言われてしまっても、実現させるために自分にプレッシャーを与えているところがすごい。本田選手のように、大きな目標を達成できる選手になりたい」と夢を語った。

 チームは活動停止中。仙台市泉区の犬鷲寮で生活しているが、本田の本を見つけて読み出したという。久米島キャンプで監督の目に留まり、オープン戦まで1軍に生き残っていた。球団ではオコエ以来2人目となる、高卒野手の1年目開幕1軍の目標は、本田イズムでたぐり寄せる。

最終更新:4/8(水) 11:38
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事