ここから本文です

圧倒的な強さを誇る千賀滉大(蒲郡出身) 過去5年のソフトバンクの開幕投手たち

4/8(水) 20:52配信

高校野球ドットコム

 コロナウィルスの感染拡大を受け、開幕延期が決まったプロ野球。開幕が待ち遠しい日々が続くが、せっかくなので開幕後によりプロ野球を楽しめるデータをお届けしたい。そこで過去5年間の開幕投手を調べ、それぞれの投手成績を比較してみた。今回は昨季パ・リーグ2位から日本シリーズ制覇を果たした福岡ソフトバンクホークス。

【一覧表】千賀の存在感強し!最近5年間のソフトバンク開幕投手のシーズン成績

平均を大きく引き上げる千賀滉大

 2015~2019年の5年間で、ソフトバンクの開幕戦先発マウンドに上がったのは摂津正、和田毅、千賀滉大の3人。

 ここ5年間は常に優勝争いを続け、パ・リーグでは1位もしくは2位、さらに2015年、2017年、2018年、2019年と4度日本一に輝いているソフトバンク。圧倒的な強さを誇っているが、意外にも開幕投手たちの成績はそれほど圧倒的というわけではなかった。5年間で42勝(平均8.4勝)は、12球団中9位の数字だ。

 登板数も平均16.6試合と、12球団平均22.8試合から大幅に落ちる。これは2016年の摂津正の不調、2017年の和田毅の故障によるところが大きい。平均投球回数を見ても約108回と、12球団平均145回との差は歴然だ。規定投球回数に到達したのも2019年の千賀滉大ただ一人である。

 それでも5年間を通して負け越した投手がいないあたり、さすがソフトバンクと言ったところか。2016年の摂津は防御率5.59だったが、2勝2敗のタイで終えている。その中にあってさすがの投球を見せているのが、今や日本を代表する投手へと成長した千賀だ。2年間で48試合321回1/3を投げ、26勝15敗と、エースの働きを見せている。ちなみに5人の平均奪三振率は約9.0だが、摂津、和田の平均は6.1、千賀は10.9と圧倒的に多く、いかに千賀が平均を引き上げているかが分かる。

 今季も千賀が開幕投手の最有力候補と目されていたが、右ふくらはぎの張りで調整が遅れたため、2017年の最多勝右腕・東浜巨が自身初の大役を務める予定だ。ただ、開幕が延期されたことにより千賀の調整が間に合った場合は、変更もあるかもしれない。どちらが務めるのか流動的だが、「これぞソフトバンクのエース」というピッチングに期待したい。

林 龍也

最終更新:4/8(水) 20:52
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事