ここから本文です

朝ドラ『エール』第9回(4月9日)・関内家を襲う危機

4/8(水) 8:15配信

Lmaga.jp

昭和を代表する作曲家・古山裕一と妻・音(おと)の夫婦の軌跡を描く連続テレビ小説『エール』。今週は彼らの子ども時代で、第9回(4月9日放送)は音の家族に思わぬ危機が降りかかる。

突然、家長の関内安隆(光石研)が不在に。母・光子(薬師丸ひろ子)と音(清水香帆)ら三姉妹は途方にくれる。

関内家にいても仕事がないと辞めていく馬具職人たち。あげく、職人頭の岩城(吉原光夫)も去っていこうとする。

そんな窮状を見て、これまで安隆に仕事の口利きをしてきた打越(平田満)が、光子に近づこうと画策する。

一方、音が学芸会で演じる『竹取物語』の稽古でも、主役を演じるクラスメートの良子(田中里念)が問題を起こし・・・。

音楽とともに生きた夫婦が、激動の時代を二人三脚で歩んでいく本作。新型コロナウイルスの感染拡大防止による収録見合わせのため、今後の放送予定については番組表や公式サイトで発表される。

最終更新:4/8(水) 10:52
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事