ここから本文です

まるでガンダム!? 効果はある? ゴテゴテのエアロパーツ車5選

4/8(水) 6:10配信

くるまのニュース

見た目だけじゃない! 本来の目的でエアロパーツを装備したクルマたち

 エアロパーツはレーシングカーの空力性能向上を目的として誕生し、1980年代からはクルマのドレスアップアイテムとして一気に普及しました。

【画像】いかつ過ぎる巨大ウイング!ゴリゴリのエアロ装着車を見る(17枚)

 一方、市販車でも空力性能向上のためにエアロパーツを装着したモデルも存在。

 そこで、空力性能向上の効果を狙った本気のエアロパーツが装着されたクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

●メルセデス・ベンツ「190E 2.5-16 エボリューションII」

 メルセデス・ベンツ「190E」は、1982年に同社でもっともコンパクトなエントリークラスのセダンとしてデビュー。

 2リッター未満の排気量と5ナンバー枠に収まるボディサイズだったことで、1985年に日本への正規輸入が開始されると大ヒットしました。

 日本では高級車の代名詞的存在だったメルセデス・ベンツの普及を、一気に拡大させることに成功します。

 日常の使い勝手も良いセダンとして受け入れられた190Eですが、1986年にはレースエンジンのサプライヤーであるコスワースの手によりチューニングされた、最高出力175馬力の2.3リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載したスポーツモデル「190E 2.3-16」を、ドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)のホモロゲーション取得のために発売。

 そして1988年には、DTMのレギュレーション変更に合わせて排気量を2.5リッター、最高出力200馬力とした「190E 2.5-16」が登場します。

 1989年には、さらにチューニングされた「190E 2.5-16エボリューションI」、1990年には最高出力を235馬力まで高められた「190E 2.5-16エボリューションII」が、それぞれ500台生産されました。

 とくに190E 2.5-16エボリューションIIは前後の巨大なスポイラーやオーバーフェンダーが装着され、メルセデス・ベンツのモデルとして異彩を放つ外観が魅力的です。

1/3ページ

最終更新:4/8(水) 12:20
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事