ここから本文です

C・ペレス、バルサに対する未練を断つ 「ローマに集中」

4/8(水) 13:50配信

超WORLDサッカー!

U-21スペイン代表FWカルレス・ペレスが「ローマ集中」の意向を示している。スペイン『マルカ』が伝えた。

【動画】デ・ロッシに関する10個の“ファクト”

バルセロナのアカデミーで育ち、昨夏にトップチーム昇格を果たしたC・ペレス。一定のプレータイムを手にしたが、1月13日にキケ・セティエン監督が就任して以降、戦力外の扱いを受けると、今冬に買い取りオプション付きのレンタルでローマに活躍の場を移した。

その後、3月に買い取りオプションが行使され、2024年6月30日までの長期契約にサインしたC・ペレスは『マルカ』の公式インスタグラムで「バルセロナ退団は理解できなかった」と前クラブの扱いに不満を吐露。しかし、未練を断ち切り、ローマでのプレーに集中していると強調した。

「ローマで成功することだけを考えている。僕にはあと4年契約が残っているから、それだけに集中しているんだ。バルセロナを退団することは理解できなかったけど、この決定をリスペクトしているし、長年育ててくれた彼らに感謝しているよ」

「多くの人たちはアカデミー出身の選手について話す。だけど、時には数100万ドルに換金することを好むんだ。若手に対して忍耐力を持っていない。それがそうだったよ。僕の過去を忘れてもらわなければいけないね」

また、C・ペレスは「ラツィオとローマのライバル関係は印象的だ。バルセロナはサッカーが素晴らしかったが、僕がこの街で目にしている光景とは違うよ」とローマの印象についてもコメントしている。

超WORLDサッカー!

最終更新:4/8(水) 20:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事