ここから本文です

【たったの2割台】月1回以上のタイヤ空気圧点検 テレワーク生活長期化 チェックの大切さ再確認を

4/8(水) 5:50配信

AUTOCAR JAPAN

自宅にいるからクルマも使う

text:Kenji Momota(桃田健史)

4月6日、タイヤに関する興味深いデータが公開された。

【写真】「月1回以上の空気圧点検」認知度、知らない=72.5% 同時に公開されたタイヤ/燃費のデータ【表】 (11枚)

「全国のドライバー2000人(20~60代男女)に聞く、タイヤの空気圧点検実態調査」だ。タイヤメーカー各社でつくる日本自動車タイヤ協会がまとめた。

資料の頭には、こう書かれている。

「あなたはご存じですか? 月に1回以上の空気圧点検。月1回以上の空気圧点検、できている方は2割台……」

なぜこのタイミングで調査結果を発表したかといえば、4月8日は「タイヤの日」。同協会とタイヤ関連業界関係者が2000年に定めた。

4月は春の全国交通安全運動の実施月で、8日は輪(タイヤ)をイメージするからだという。

新型コロナウイルス感染拡大の先行きが見えず、事態は長期戦へ。そんな時、タイヤのことなど考える余裕はないかもしれない。

だが、よく考えてみると、こうした状況だからこそ、タイヤをしっかりとケアする必要がであると思う。

自宅でのテレワークが増え、また公共交通機関を使わなくなると、買い物などで乗用車を使う頻度が増える。

普段、平日は主婦が買い物で乗用車を使う家庭が多いと思うが、テレワークでご主人が買い物で使うケースも増える。

安全運転にタイヤの点検はかかせない。

では、タイヤの空気圧点検実態調査、どんな結果だったのか?

呆れる? 点検頻度が不足している理由

空気圧点検の頻度は足りていると回答が63.3%。このうち月1回以上点検は24.1%にとどまった。

設問「自身のタイヤの空気圧点検頻度が不足していると思う理由」では、次のような結果となった。

最も多かったのが、「自分でチェックする方法がわからない」(47.2%)だったのだ。

以下、
「面倒だから」(36.9%)

「あまり距離を走ることがないから」(25.6%)

「どこでチェックできるのかわからない」(12.9%)

「まだタイヤを替えて時間がたっていないから」(12.8%)

「時間的に余裕がなくなったから」(11.6%)

「自家用車を使う頻度が減ったから」(11.4%)

「まだ新しいクルマだから」(10.6%)

「フルサービスのガソリンスタンドが減少したから」(9.9%)

「国産車なので安全性に問題ないと思うから」(3.3%)

「エコカーなので安全性に問題ないと思うから」(0.8%)
と、つづいた。

年間走行距離別で、5000km未満、5000~1万km未満、1万km以上でみると、直近1年以内に行っていない人の割合は、それぞれ17.4%、13.4%、11.2%となった。

こうしたデータから、日本自動車タイヤ協会は「日常的にクルマに乗る人より週末などの限られたときだけクルマに乗る人の方が、タイヤの空気圧点検をまめに行っていないではないか」と推測している。

まさに、最近テレワークを始めた家庭に該当する話である。

1/2ページ

最終更新:4/27(月) 18:10
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事