ここから本文です

米当局、20年の石油生産見通しを下方修正-OPECプラスの会合前に

4/8(水) 6:42配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米国は、2020年の石油生産見通しを日量100万バレル余り下方修正した。石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」加盟国は9日に緊急会合を開き、原油急落への対応について協議する。

エネルギー情報局(EIA)の7日発表によれば、20年の生産量は平均で日量1176万バレルの見通し。従来予想は同1299万バレルだった。

サウジアラビアやロシアは、減産への米国の参加を望んでいる。ただトランプ大統領は6日、米国の生産者は既に市場の状況に応じて減産しつつあると述べ、公式な形での減産には参加しない考えを示唆している。

原題:U.S. Cuts Forecast for 2020 Oil Output Ahead of OPEC+ Meeting(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Stephen Cunningham

最終更新:4/8(水) 6:42
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事