ここから本文です

FIA会長、フェラーリPU”和解”の詳細は「話したいが、フェラーリが許可しない」

4/9(木) 12:13配信

motorsport.com 日本版

 新型コロナウイルスの影響により、開幕が延期されているF1。その影響でうやむやになっている問題のひとつが、フェラーリとFIAによる”和解”の詳細だ。

【ギャラリー】これぞフェラーリ。美しいF1マシンの代名詞とも言える640

 2019年シーズン、フェラーリのパワーユニット(PU)の合法性についての疑惑が持ち上がり、議論を呼んだ。しかし最終的にFIAとフェラーリが内容非公開の“和解”に至った。当然フェラーリPUを搭載しない7チームは納得せず、共同声明を発表して内容開示を求める事態に発展した。

 FIAのジャン・トッド会長は、和解発表後初めてmotorsport.comの独占取材に応え、発言できる内容についてはFIAとフェラーリで取り決めが行なわれていると示唆。フェラーリと和解したことを隠すのではなく公にしたことは正しかったと確信していると述べた。

「全ての詳細を提供できるようにしたいが、彼ら(フェラーリ)は反対した」とトッドは説明した。

「つまり、彼らは制裁措置を受けているが、その詳細を明かすことはできない」

「そして言うまでもなく、我々は何も言わないこともできた。しかしフェラーリの件が議論され、制裁があったと言わないのは間違いだと感じた」

「正直に言ってとてもシンプルだ。我々は結論を出すために多くの努力をしたが、他のチームはそうは思わなかったということだ」

「残念ながら、今回の件は技術的問題だ。我々の技術者は『フェラーリが合法ではないということを、我々は十分に証明することはできない』と言っていたんだ」

 トッドはFIAはF1にとっての最善を考えて行動したものの、和解の詳細開示を求めて出された7チームの共同声明については、要求に応えられないと話した。

「私は7チームのうちいくつかと個別に話をした」と、トッドは付け加えた。

「彼らのうちの1チーム(メルセデス)は、この問題から完全に距離を置くことを決めた」

「それ以来、チームの考えの変化については何も聞いていない。ふたりのチェアマンが議論をしたという記事は読んだがね」

「私は彼らからの書簡を受け取り、彼らがFIAの立場を理解していることを確認した。しかしそれは、彼らがFIAの立場に満足しているという意味ではない。そして彼らは、フェラーリの件について透明性を求めている。私もそうしたいのだが、それはできないんだ」

Jonathan Noble

最終更新:4/9(木) 12:15
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事