ここから本文です

上白石萌歌、10代最後の夏を笑って泣いて駆け抜ける!『子供はわかってあげない』予告

4/9(木) 13:00配信

cinemacafe.net

上白石萌歌が主演を務める、田島列島の傑作コミックの実写映画化『子供はわかってあげない』。この度、上白石さん演じる主人公・美波と細田佳央太演じる“もじくん”の出会いから始まる予告編映像が解禁された。

【画像】キャストには細田佳央太、千葉雄大、豊川悦司、 斉藤由貴らが集結


『南極料理人』『横道世之介』など、ユーモア溢れるあたたかい人間ドラマで知られる沖田修一監督がメガホンを取り、初の漫画原作の映画化に臨んだ本作。解禁となった予告編では、ひょんなことから意気投合した美波(上白石さん)ともじくん(細田さん)が、ある日、美波のもとに突然届いた“謎のお札”をきっかけに、幼い頃に行方が分からなくなった美波の“実の父”を探すことに。


探偵をしているというもじくんの兄・明大(千葉雄大)の協力のもと、“実の父”藁谷友充(豊川悦司)を意外とあっさり探しあてる。そして美波はいまの家族には内緒で、友充に会いに行くが――。再会した父はなんと元教祖だった…?


そんな予告編映像で描かれるのは、“普通の”女子高生・美波に待ち受ける、ちょっぴり“普通じゃない“、ひと夏の出会いのオンパレード。個性豊かなキャラクターたちが織りなす、怒涛の展開には沖田監督らしさが感じられる一方で、監督の新境地ともいえる、ラストの美波の告白シーンは必見。10代最後の上白石さんが魅せるナチュラルな表情が、少しずつ大人に向けて成長する美波と見事にマッチし、さわやかな感動と胸騒ぎの夏休みを予感させている。


また、美波ともじくんの出会いのきっかけとなる劇中アニメ「魔法左官少女バッファローKOTEKO」で、主人公・KOTEKOの声を務めるのは人気声優の富田美憂。さらに、浪川大輔、櫻井孝宏、鈴木達央、速水奨など、超豪華声優陣の出演も明らかに。アニメーション制作は「颱風グラフィックス」が担当し、沖田監督のこだわりもつまった本格的な劇中アニメに仕上がっている。


併せて、美波のまっすぐな瞳と、「あの夏の出会いが私を変えた」というコピーが印象的な新ビジュアルも公開。「10代最後の夏はすべての想いをこの作品に込めました。きっと人生の宝になります」と上白石さんが語る本作、どこか懐かしくも新しい、かけがえのない“夏休み気分”を味わえそうだ。


『子供はわかってあげない』は6月26日(金)よりテアトル新宿・イオンシネマほか全国にて公開。

シネマカフェ text:cinemacafe.net

最終更新:4/9(木) 13:00
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事