ここから本文です

沖縄で新たに感染者3人 2人は大学生 県関係は43人に

4/9(木) 15:09配信

琉球新報

 県は9日、那覇市在住の70代女性と、南部保健所管内在住の20代男子大学生、浦添市在住の20代男子大学生の合わせて3人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち浦添市在住で県内大学に通う男子学生は感染経路が現時点で不明という。県内の感染者はスペインからの帰国時に成田空港で判明した1人を含む43人となった。感染経路が分からない人は20人と半数近くに上った。県外・国外の「移入例」が12人、感染者との接触が11人となった。県関連の感染者はこのほか米軍嘉手納基地内の軍人・家族の3人がいる。

 9日に感染が確認された那覇市在住の70代女性は、4日に感染が確認された70代男性と同居する家族で濃厚接触者。南部保健所管内在住の20代男子大学生は、県外大学に在籍し、4月に県外で陽性が確認された人と3月末に会食し、その人から感染したとみられる。
感染の1人は経路不明

 9日、県内で新たに感染が確認された3人のうち、2人は感染者と接触しており、残る1人の感染経路は分からず、県が調査を進めている。いずれも重症ではない。
 那覇市内に住む70代の女性は、4日に感染が確認された70代の男性患者と同居する家族だった。5日に症状が出て、7日に感染症指定医療機関で検体を採取、9日に陽性が判明した。
 南部保健所管内に住み県外の大学に通う20代の男子学生は、3月31日に症状が現れた。6日に協力医療機関を受診し、発熱はなかったが検体を採取していた。3月末に会食した人物が、4月に入ってから県外で陽性と確認され、県はこれが感染経路とみている。

 接触者などの感染経路が不明なのは、浦添市在住の20代の男子大学生。5日に発熱、6日は発熱と咳(せき)があった。8日に味覚障害の症状が現れ、9日に感染症指定医療機関でPCR検査を受けて陽性が確認された。

琉球新報社

最終更新:4/10(金) 20:04
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事