ここから本文です

マスクも一点・除菌も一点 レジに持って行った友人の末路

4/9(木) 11:00配信

本がすき。

前回の記事(2月6日)から少し日が空いてしまいましたが、その間に世の中はいとも大変なことになってしまいました。コロナウイルスの驚異、ここまでとは誰が予測したことか。巷では、マスクや除菌用品の品切れが続いています。そんな中、友人からこんなボヤキが。(写真はその現場です)

『日用品の除菌シートとマスクそれぞれラスト一個やってラッキー!と思いレジにそれぞれラストの除菌シートとマスク持って行ったら「どれか一点ですよ。日本語で書いてますよ。わかりませんか!」と…』

なぜ怒られる!?そこまで言われる!? さっそくこれが本日のお題です。ご想像つくと思いますがおそらくこういうすれ違いですよね。

お店の意図:マスク・除菌等の一連のコロナ対策グッズをひっくるめて、一人一点でお願いします。マスク一点、除菌シート一点は合わせて二点じゃ、不届き者の客~!
客の意図:マスクも、除菌グッズも、それぞれ一人一点って意味じゃないんかい!

このように、マスク・除菌等ひっくるめた商品群全体のことをいうのか、それぞれのアイテムのことをいうのかという二つの解釈、前者を「集合的読み」(collective reading)、後者を「分配読み」(distributive reading)と言います。分配的読みの場合のみ、

[マスク・除菌等の商品]はお一人様一点
= [マスク]はお一人様一点  なおかつ [除菌]はお一人様一点

という関係が成り立ちます。つまり店主の集合的読みvs. 客の分配的読み の戦いだったわけですが、私なんかは、友人だから肩を持つわけではないものの、素直に読んだらここではやはり分配読みが自然な解釈だと思いました。

しかし、多くのお客様に何回も平気でレジに並ばれてイライラしているお店の気持ちもわからんでもない…が…「日本語で書いてますよ、わかりませんか」って何もそんな言い方しなくてもねえ。日本語やったらそうも読めるっちゅうねん!

さてこの集合的読みと分配的読みですが、歌のタイトルでよく見るこういう表現、どちらが優勢でしょう。

『みんな誰かに愛されて』 ミュージカル 美少女戦士セーラームーン

誰かが、セーラームーン達をひとまとまりで愛している(集合読み)
それぞれのメンバーは誰かしらに愛されている(分配読み)

『みんな誰かを愛してる』 石原裕次郎 (これわかる人は中高年オンリーかな)

集団で一人の相手を愛している(集合読み)
それぞれ誰かしらを愛している(分配読み)

1/2ページ

最終更新:4/13(月) 12:41
本がすき。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事