ここから本文です

【桜花賞】レシステンシアは逃げ切れるのか?阪神芝1600mの「ペースと脚質」を東大HCが徹底分析

4/9(木) 17:00配信

SPAIA AI競馬

気になるレシステンシアのペースメイク

今週末は2020年牝馬クラシック初戦、桜花賞。最重要ステップレースのチューリップ賞を制しキズナ産駒初のGI制覇を狙うマルターズディオサや、サウジアラビアRCで2歳王者サリオスに迫り、牝馬路線で堅実な走りを見せるクラヴァシュドール、復権を期す素質馬リアアメリアに、エルフィンSで目の覚めるような末脚を見せ、あのウオッカのレースレコードを更新したデアリングタクトなど多くの有力馬が一冠目を争う。

レースの鍵を握るのはなんといっても2歳女王レシステンシアのペースメイクだ。阪神JFではスタートから厳しいラップを刻み、直線では他馬に影すら踏ませぬ一人旅を演じたが、チューリップ賞では一転やや緩いペースからの上がり勝負に屈し3着敗退。逃げ馬を絶妙なペース配分で導く武豊騎手を鞍上に迎える今回、同じ轍は踏まないだろう。

今週のコラムのテーマは「ペースと脚質」。阪神芝1600mについて、逃げ馬のペースと脚質の有利・不利を分析する(使用するデータは過去5年)。

阪神マイルは「35.5秒」を意識して

ペースと脚質の相関関係を調べるにあたり「脚質ポイント」という概念を用いる。これは馬券になった馬の脚質別に、逃げ:0ポイント、先行:2ポイント、差し:3ポイント、追い込み(マクリも含む):4ポイントと設定する試みだ。たとえば、「先行・差し・追い込み」の決着になった場合、3着以内の脚質ポイント平均は(2+3+4)/3=3ポイントとなる。


まずは桜花賞の舞台となる阪神芝1600mをチェック。

上図は横軸を逃げ馬の前半3Fタイム、縦軸を3着以内の脚質ポイント平均とした散布図だ。同じ前半3Fタイム・同じ脚質ポイント平均となるレースが存在するため、点が複数重なる場合は濃くしてある。点が下にあれば逃げ・先行有利、上にあれば差し・追い込み有利になる。

阪神マイルは差し・追い込みが決まりやすいこともあり、全体として点が上に集まっているが、逃げ馬が前半3F35秒以内で飛ばすようなレースになると後方待機勢が俄然色めき立つ。この条件は過去5年で51レースが該当し、馬券になった153頭中逃げ馬は9頭を数えるのみだが、差し・追い込み馬は実に106頭とその差は歴然としている。

一つの分水嶺となるのが「35.5秒」で、これより遅くなると逃げ・先行馬が巻き返す。当てはまるレースで馬券になった162頭中、逃げ・先行馬が79頭、差し・追い込み馬が83頭とほぼ互角だ。過去10年の桜花賞で逃げ馬が馬券になったのは2010年のオウケンサクラ(2着)と2015年のレッツゴードンキ(1着)のみだが、前者は前半3Fを「35.6」で入り、後者に至っては「37.1」。ともに条件を満たす恵まれた展開だった。

ちなみに外れ値として燦然と輝く「33.7秒」の点はレシステンシアが逃げ切った阪神JF。本馬の優秀さは言うに及ばず、道中番手で2着に粘ったマルターズディオサも十分偉い。ハイペース濃厚ながらこの2頭は例外的に重視したい。

本来の差し・追い込み歓迎のセオリーからは世代屈指の豪脚デアリングタクトを狙う。冒頭にも記した通り、本馬の走破時計1:33.6は京都芝1600mで行われた過去31回のエルフィンSのうち最も速い上、上がり3Fの34.0秒はライティアら2位の34.9秒を1秒近くも離した。4着エーポスがのちにフィリーズレビューを勝ったようにメンバーレベルも高い中でのこの走りは特筆に値する。ちなみにエルフィンSの歴代勝ちタイム2位はウオッカ(1:33.7)、3位はマルセリーナ(1:34.4)。かたやGI7勝馬、かたや桜花賞馬と偉大な先輩たちを差し置いた本馬には期待が高まる。

東大ホースメンクラブ

最終更新:4/9(木) 17:42
SPAIA AI競馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事