ここから本文です

森三中・村上&大島、観察期間終了を報告 黒沢のコロナ感染で自宅待機

4/9(木) 17:13配信

中日スポーツ

 お笑いトリオ「森三中」の村上知子(40)、大島美幸(40)が9日、ユーチューブチャンネル「森三中ube」で、相方・黒沢かずこ(41)の新型コロナウイルス感染による濃厚接触者としての観察期間が終了したと報告した。

 「自宅待機から2週間たち観察期間終わりました」と題して、それぞれ報告する動画を公開。村上は「自宅待機が8日までということで保健所の方とも連絡を取りまして、きょうからは体調に問題がなければいつも通り生活を送ってもかまわないと言っていただきまして、今この通りマスクもせずに家の中では過ごしています」と語った。さらに「家族とスキンシップも取れるようになりまして、ご飯も一緒に食べられますし、遊びも一緒にできるようになりました」と喜んだ。

 黒沢について「連絡を取っているんですけど、すごく元気そうで今のところ体調は落ち着いています。でも陰性が出るまではなかなか身動きも取れないので、そこのケアは私たちもしていきたいなと思っています」と説明した。

 大島も「黒沢さんと会ってから2週間がたちました。きのうで観察期間終了ということで保健所の方から連絡が来ました。ひとまず安心したんですけど、今は家の中ではマスクなし。ご飯も3人一緒に食べています」と報告。続けて「黒沢さんとはメールでやり取りしています。黒沢さんが撮った写真を送ってきてくれたり。黒沢さんは元気に過ごしていることは分かるので安心しています」と話した。最後に「皆さまも体調に気を付けて元気にお過ごしください」と呼び掛けた。

最終更新:4/9(木) 17:13
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事