ここから本文です

新型コロナ影響で、グループコミュニケーションが増加/LINEの利用動向に関するレポート

4/9(木) 9:02配信

MarkeZine

 LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」の利用動向に関するレポートを公開した。

新型コロナウイルスの影響で、グループコミュニケーションが活発化

 3月以降の臨時休校やリモートワーク、外出自粛などの影響を受け、LINEでのグループコミュニケーションが活発に。グループコミュニケーションでやりとりされるメッセージの総数(テキスト、スタンプ、画像の送信数合計)は前月比で29%増加、グループ通話の利用回数は全世代での利用が前月比で62%増加した。

スタンプやビデオ通話の利用が最も多かったのは10代

 3月のスタンプ送信数は全体で前月比21%、10代では65%増加。ビデオ通話送信数は全体で34%、10代では80%増加した。

LINE NEWSのシェア数が増加

 新型コロナウイルス感染症に関する情報を掲載しているLINE NEWSでは、2月末以降、ニュース記事をLINEのトークにシェアする動きが全世代で増加。休校要請があった2月27日においては、前日比1.5倍のシェアがあった。また、3月の月間アクティブユーザー数は7,100万人超えに。

検索機能「LINE Search」の利用は10代が最多 新型コロナへの意識高まる

 東京都の外出自粛要請があった3月25日は、「新型肺炎」「コロナ」を含むキーワードの検索数が急増。10代においては前日比5倍、20代においては前日比4倍、30代以上で前日比2倍以上の検索数だった。以降も引き続き、同様のキーワードで検索が増加中。政府からの外出自粛要請以降、新型コロナウイルス感染症に対する意識が急激に加速したことが伺える。

MarkeZine編集部[著]

最終更新:4/9(木) 9:02
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事