ここから本文です

機材収納力に優れた1気室カメラバックパック、ハクバが発売

4/9(木) 16:30配信

BCN

 ハクバ写真産業は、機材収納力に優れたシンプルな1気室のカメラバックパック「GW-PRO RED アクティブバックパック 02」Lサイズを4月8日に発売した。税別価格は2万3200円。



 新製品は、高い収納力を持ったデイパックスタイルのカメラバックパック。シンプルな1気室構造のカメラ収納部は、ファスナーで全開できるため機材の一覧性に優れ、出し入れも容易に行える。仕切り方次第で、カメラと一緒に小型のドローンやコントローラーなども収納が可能。前面開口の1気室ながら上部まで回り込んだファスナーにより、天面から素早くカメラを取り出すことができる。

 メイン収納部内は、15インチ程度のノートPCを収納できるスリーブを装備。ファスナー式のフロントポケットの中には、12.9インチ相当のタブレットや小物を効率良く収納できる複数のポケット付き。両側面には、ペットボトルなど厚みのある小物も入る伸縮マチ付きポケットを装備している。

 ショルダーハーネスは、身体の曲線にフィットするエルゴノミクスカーブ形状と、重さに耐えるしっかりとしたクッション材を採用。安定した携行が可能なチェストベルト付き。ハーネス上部のZEROフックループには、別売の「首の負担がZEROフック」を装着できる。また、ZEROフックの揺れを防ぐゴムバンドが付いている。

 サイドポケットと側面上部のバックル付きストラップを使うことで、三脚を取り付けることが可能となっている。

 キャリーバッグに通して移動できるキャリーバーホルダーを背面に装備。底面には防汚性と防水性に優れたターポリン素材を採用している。さらに、突然の雨や汚れから機材を守る専用レインカバーを背面レインカバーポケットに装備している。

 パーツにもこだわり、ファスナーは通常のコイルファスナーよりも耐摩耗性に優れ壊れにくい、YKKの織り込みファスナーを採用。プラスチックパーツは、操作性と耐久性の高いDURAFLEX製を採用している。

最終更新:4/9(木) 16:30
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事