ここから本文です

「韓国で初の強制追放」…入国後、隔離指針を破ったインドネシア人

4/9(木) 7:46配信

WoW!Korea

韓国の法務部(法務省に相当)は、新型コロナウイルス感染症による自宅隔離の指針を破ったインドネシア人を外国人として初めて強制追放した。

韓国法務部のテグ(大邱)出入国・外国人事務所は、入国後に出入国管理法22条による活動範囲制限命令と防疫当局の自宅隔離措置に違反したインドネシア国籍の40歳男性に犯則金を賦課し、8日午後3時20分発のインドネシア行きの飛行機で強制追放したことを明らかにした。

このことは防疫当局の隔離措置に違反した外国人に対する初めての強制追放措置の事例である。また、去る1日から施行された韓国法相の“活動範囲制限命令”に違反した外国人に対する初めての制裁でもある。

この男性は去る4日、インチョン(仁川)空港に入国したとき防疫当局に、韓国内の居住地をキョンギド(京畿道)アンサン(安山)市と虚偽申告していた。

この男性は入国過程で韓国法務部の出入国管理公務員から“活動範囲制限命令書”をもらっていたにもかかわらず、すぐにキョンサンプクト(慶尚北道)キムチョン(金泉)市にある知人の家に移動していた。

アンサン市はこの男性が自宅隔離場所を離脱した事実を確認した後、警察の協力で彼がキムチョン市にいることを発見し、5日にインチョン出入国・外国人庁のアンサン出張所に公文で通報した。その結果、この男性が入国当時、隔離場所を虚偽申告した事実を確認し逃走の可能性が高いと判断し、キムチョン市によって特別調査チームが緊急派遣された。

法務部側は「自宅隔離違反の外国人が発生した場合、保健所、地方自治体と協力して迅速に位置を把握し、法違反事項が明らかになったなら無寛容の原則のもと、強制追放、犯則金賦課など、厳正に対処する」と語った。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

最終更新:4/9(木) 7:49
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事