ここから本文です

カタログモデルの新型『ランドローバー・ディフェンダー』が4月9日より日本上陸

4/9(木) 8:00配信

オートスポーツweb

 デビューと同時に先行予約モデルが長期の納車待ちになるなど、好調な出足を記録するランドローバーの新世代モデル『DEFENDER(ディフェンダー)』が、正式なカタログモデルとして日本に上陸した。まったく新しいアーキテクチャーを採用しながら、全長が異なる伝統の90(ナインティ)と110(ワンテン)のボディタイプを用意し、4月9日より受注開始となっている。

【写真】悪路走破時に路面を可視化するボンネット透視技術「Clear Sightグラウンドビュー」も装備する

 フラッグシップモデルの『レンジローバー』より以前に、ランドローバーの礎を築いた象徴的モデルが21世紀に蘇り、ポップで洗練されたデザインと実用的な機能を採用。この新型『ディフェンダー』では初代の特徴的なシルエットを継承しつつ、軽量アルミニウムのモノコック構造で全く新しいアーキテクチャー“D7x”を導入し、軽量化を果たすと同時に従来のラダーフレーム構造と比較して3倍のねじり剛性を確保するという、ランドローバー史上もっとも頑丈なボディ構造を誇っている。

 2019年のデビュー以降、ここ日本でも2種類の先行予約モデル『DEFENDER LAUNCH EDITION』と『DEFENDER STARTUP EDITION』を展開してきたが、長期にわたる納車待ちが発生する人気ぶりを示しており、このカタログモデル導入に際しては早期納車を実現すべく5種類の『CURATED SPEC(キュレイテッド・スペック)』(90 ファブリックシート仕様、90 レザーシート仕様、110 ファブリックシート&5人シート仕様、110 ファブリックシート&7人シート仕様、110 レザーシート&7人シート仕様)も設定された。

 ランドローバー伝統のフルタイム4輪駆動(AWD)は前後トルク配分機能を備え、路面状況に応じて最適なサスペンション、トランスミッション、トラクションなどの車両設定を自動制御する“テレイン・レスポンス2”には7種類のモード(コンフォート、芝生・グラベル・雪、泥地、砂地、エコ、ロック、ウェイド)を実装する。

 また、ランドローバー初の機能となるコンフィギュラブル・テレイン・レスポンスでは、用途や好みにあわせてドライバー自身がテレイン・レスポンスの設定をカスタマイズすることも可能となった。

 3ドア5名乗りの90ではオプション、5ドア最大7人乗り(5+2)の110では標準装備となる電子制御エアサスペンションは、標準高より40mm低い車高から最大で標準車高+145mmまで幅広い範囲で車高を設定することができ、スムーズな乗り降りをサポート。さらにオフロードでの走破性を高めるのはもちろん、ランドローバーの武器である最大渡河水深は900mmを実現し、3Dサラウンドカメラとウェイドセンシングが水深の把握をサポートする。

 搭載されるエンジンは現状でガソリン仕様に統一され、最高出力300PS、最大トルク400Nmを発生する2.0リッター直列4気筒INGENIUMとなり、スタートストップや回生エネルギーの再利用など最新テクノロジーをフルに採用している。

 さらに最新インフォテインメント・システム『Pivi Pro』をジャガー・ランドローバーで初めて採用。各機能の音声操作やオンラインサービス、AIによるルート学習を実現し、ドライバーの好みに合わせたルート案内が可能となった。

 加えてSoftware-Over-The-Air(SOTA)テクノロジーも進化し、リモートでアップデート情報を受信できる14の独立モジュールを搭載。ドライバーが自宅にいる間や遠方にいる際にデータをダウンロードすることでアップデート情報が次々と車両に転送され、ディーラーネットワークを訪れる必要がなく迅速に車両の更新をすることが可能となった。

 そのほか先進運転支援システム(ADAS)も採用し、エマージェンシーブレーキ、レーンキープアシスト、クルーズコントロール機能も標準で備え、価格は499万~843万3000円となっている。
Land Roverウェブサイト:http://www.landrover.co.jp
ランドローバーコール(フリーダイヤル):0120-18-5568

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/9(木) 8:00
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事