ここから本文です

京都アニメーションの作品、どれが1番好き? 京アニ作品解説&人気投票開催!【アンケート実施中】

4/9(木) 0:05配信

ねとらぼ

 京都アニメーション(京アニ)のアニメ作品、すごくファンが多いですよね。ギャグ全開の作品からハートフルな作品、SF、青春モノなど、幅広いジャンルと確かなクオリティがとてもいいですよね。新型コロナウイルスの影響で公開延期となってしまった「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を心待ちにしている人も多いと思います。ねとらぼ調査隊では、京アニ作品の人気投票を実施中です。あなたが好きな作品に投票してください!

【京アニ作品の人気投票結果を見る】

 では、京アニ作品の紹介をしていきたいと思います!

●フルメタル・パニック? ふもっふ

 小説家・賀東招二先生による『フルメタル・パニック!』を原作としたアニメ。2003年放送

 テレビアニメ第1期は別の制作会社の作品ですが、第2期となる「ふもっふ」は、シリアスな物語の「フルメタル・パニック!」とは毛色が違うギャグ作品。原作小説の短編を中心にアニメ化した話題作です。

●フルメタル・パニック!The Second Raid

 「フルメタル・パニック!」シリーズ第3期。2005年放送。

 「ふもっふ」とは一変し、シリアス。グロテスクなシーンもありますが、主人公・相良宗介やヒロインの千鳥かなめなど登場人物の精神的成長も見どころです。

●涼宮ハルヒの憂鬱(2006年)

 SF要素のある青春物語や、登場キャラクターがダンスをするエンディングテーマ「ハレ晴レユカイ」などが話題となり、ネット上を中心に大きなムーブメントを起こした作品。2000年代のアニメの代表格といっても過言ではないと思います。

●涼宮ハルヒの憂鬱(2009年)

 「涼宮ハルヒの憂鬱」のリメイク+新規ストーリーを描いた作品。夏休みを繰り返すエピソード「エンドレスエイト」を8話連続で放送しネット上をにぎわせました。

●涼宮ハルヒの消失

 2010年に上映された劇場アニメ。ある日、主人公のキョンは涼宮ハルヒが同じ学校にいない世界に来てしまう、というあらすじ。長門有希が好きな人にはたまらない作品。ラストシーン大好き。

 ちなみに、原作小説の第4巻『涼宮ハルヒの消失』までのストーリーは、作家・筒井康隆先生も絶賛しています。

1/6ページ

最終更新:4/9(木) 6:34
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事