ここから本文です

クレジット市場の大混乱に乗じよう-ハイブリッジなど大規模資金調達

4/9(木) 18:16配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): クレジット市場は債券やローンの価格急落、突然の格下げ、破産のリスクなどで大混乱に陥っている。しかし、これを千載一遇の機会と捉える運用会社もある。

適正価格を下回って取引されるローンや債券、その他のクレジット商品を買うために、ハイブリッジ・キャピタル・マネジメントやスカルプター・キャピタル・マネジメント、ナイトヘッド・キャピタル・マネジメントなどの投資ファンドが、巨額資金を調達している。

1回の調達額は2億-25億ドル(約220億-2720億円)で、大半のファンドはその資金を直ちに活用している。

法律事務所デチャートでクライアントの資金調達やファンド設定を助けるティモシー・クラーク氏は、クレジット投資家が数カ月で大きな利益を得た前回の金融危機を思い出して「2009年に戻ったようだ」と述べた。「早めに資金を集めた者は、それほど投資の手腕がなくても大きなリターンを得られる」という。

投資の対象はディストレスト債とは限らず、投資適格でも発行体企業のファンダメンタルズや他の資産、長期的な平均などから乖離(かいり)した価格のものが見つかる。

「極端なボラティリティーと下落シナリオの時期はいつも、資金を生かす好機だ」とクレジットヘッジファンド、バーディン・ヒル・インベストメント・パートナーズのジェーソン・ディロウ最高経営責任者(CEO)は述べたが、資金を集めているかどうかについては言及を避けた。

原題:Prices Gone Haywire Attract Billions to Dislocated-Debt Funds(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Katherine Doherty

最終更新:4/9(木) 18:16
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事